hiroべの気まま部屋

日ごろの出来事を気ままに綴っています

ミュシャ展

2017-06-19 10:55:20 | 絵画鑑賞

(スラヴ叙事詩より イヴァンチツェの兄弟団学校の一部)


 もう終わってしまっていますが、ご紹介の機会を逸して今になってしましました。

 四国の住職さんとPさんよりご紹介いただき、これは行かねばと5月のGW前に行ったので2か月ほど経っています。

 ミュシャの絵はもう30年ほど前に、どこか忘れたのですが、東京の美術館で観たのが最初の気がします。お洒落なモダンなポスター画というイメージでいたのですが、今回のミュシャ展というより、「スラヴ叙事詩展」(全20点)にはただただ圧倒されて帰ってきました。


(ミュシャ展 チラシより)

 会場に入って、最初の作品(チラシの表紙)「原故郷のスラヴ民族」の前で、その大きさ・迫力に暫し呆然と眺めていました。ともかく凄かったです。

 終わってしまってからのご紹介で申し訳ないですが、この展覧会は本当に観ておいてよかったです。ご紹介いただいたお二人には感謝です。
 
 記録の意味で、今頃になって、ブログにアップしました。

 冒頭の写真(若者はミュシャの自画像との解説がありました)もそうですが、一部が写真撮影可となっていました。会場の雰囲気はこんな具合でした。

 


(スラヴ民族の讃歌、一部)







『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京の今朝の天気(6月18日)... | トップ | 東京の今朝の天気(6月20日)... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良かったですよね♪ (ぴあ野)
2017-06-19 16:17:21
お出かけになられていたんですね♪

ミュシャの普通の絵は、どこでも観られますが・・・・
(個人的には、堺のアルフォンス・ミュシャ館がおススメです♪)
「スラブ叙事詩」は、プラハでなければみられない圧巻の作品、
よくぞ貸し出してくれたものよ、と今さらながらに思います。

最初の「原故郷のスラヴ民族」・・・そうか、と膝を打ちました。
先日のピアニスト・松田華音さんのドレスは、この星空のイメージと重なったんだなぁと。
やっぱり、私はスラブ系が好きなのかぁと再認識 笑。
ミュシャ (屋根裏人のワイコマです)
2017-06-19 20:23:37
田舎者の不勉強は ミュシャ を知りませんで
ついさっき検索して、判った次第です
大きな作品で立派ですね
スラブ民族の叙事詩・・・すごい作品・・
何時も 教わるばかりで・・
ありがとうございました。
ぴあ野さん (hiroべ)
2017-06-20 09:51:21
ミュシャ展本当に観ておいてよかったです。
ありがとうございました。
本当に、よくも貸し出してくれたと思いますよね。
これまた感謝です。

スラブと聞くと暗いというイメージがありますが、
ジワリとした心からの温かさを感じます。
ワイコマさん (hiroべ)
2017-06-20 09:59:44
終わる前にご紹介すべきだったのですが、
申し訳ありません。

スラヴ叙事詩は、もう日本で観るのは難しいかもしれません。
是非、チェコ旅行を兼ねて、現地へお出かけというのは
どうでしょう?その価値は十分にあります。

いわゆるモダンアートのポスター画、こちらもともかく
お洒落で、素敵な絵で見ごたえ十分です。
堺に専門美術館があります。
何かの機会にいかがでしょうか。

あら! (albi)
2017-06-22 07:04:30
行かれたんですね~
お写真で拝見すると、盛況の様子。
人気があるんですね。

大人になってから!?いえ中年になってから好きになった画家の一人です。
年齢とともに好みが変化すると言いますが、まさしくそんな感じ(笑)
albiさん (hiroべ)
2017-06-22 10:25:59
GW前のウイークデイでこれですから、GWや土日は凄い人
だったと思います。
写真可のコーナーで何とか写真を、と思ったのですが、
人が多いし、絵は馬鹿でかいしと、絵一枚の全体を
人を避けて撮るのは不可能でした。
もっとも、部分の写真でも見応え十分です。

お洒落なポスター画も十分楽しんできました。

コメントを投稿

絵画鑑賞」カテゴリの最新記事