光山鉄道管理局・アーカイブス

鉄道模型・レイアウトについて工作・増備・思うことなどをば。
こちらはメインブログのアーカイブとなります。

偉大なる凡庸の系譜・C11編

2017-05-17 23:10:26 | 車両・蒸気機関車
偉大なる凡庸の系譜。
今回はC11を取り上げます。

実を言いますと昨年の今頃の時期、私の手元にあったC11はKATOの旧製品が2両きり。

うちのラインアップでは少数派でした。

このモデル自体は当時のモデルの中でもよくできていたタンク機でありそれ故に40年以上名機としてあちこちのレイアウトで活躍していた機種といえます。

ところがミニカーブ主体にレイアウトを組んでいた当鉄道の場合、入線できる線区が限定されやすい弱点があり、なかなかメイン機として使えない事情もありました。

それが昨年暮れまでの現状だったわけです。

ところがここ半年の間にKATO、TOMIXと相次いで新型が投入され、ミニカーブでも入線できるモデルも増えたのです。

ここに来てC11の万能性がようやくクローズアップされてきた感があります。
これ以外にもzげーじでもロクハンのC11が入線していますし、今年の上半期はまさにC11旋風です。

元々C11自体が本線からローカル線まで大概の線区に対応できる多用途性を持っているところにかつてはブルトレの牽引機にも使われたスター性、最近はイベント列車の先頭にも立つことが多いアイドル性まで兼ねそなえるに至った機種でもあります。

ここに来ての増備旋風もある意味来るべくして来たという気もしないでもありません。
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉄コレの埋蔵金編成・東武編 | トップ | またまたC11が入線(マイクロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。