竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

古今和歌六帖 原文 第六帖 後半部

2017年03月12日 | 古今和歌六帖
古今和歌六帖 第六帖 後半部



歌番4329 いにしへを こふるとりかも ゆつるはの みゐのうへより なきわたりゆく
歌番4330 むらとりの たちにしわかな いまさらに ひとなしむとも しるしあらめや
歌番4331 ふゆやまに ひとりぬるとり よをさむみ ひとはたえける きをそもとむる
歌番4332 とりならは あたりのききに かくれゐて ほれたるこゑに わかなかましを
歌番4333 なつそひく うなかみかたの おきつすに とりはすたけと きみはおともせす
歌番4334 なつかりの たまえのあしを ふみしたき むれゐるとりの たつそらそなき
歌番4335 ゑにかける とりともひとに みてしかな おなしところに つねにとふへく
歌番4336 いもかてを とりこのいけの なみまより とりのねきこゆ あけそしぬらし
歌番4337 はなちとり ゆくへもしらす なりぬれは はなれしことそ くやしかりける
歌番4338 ひなとりの かさきりよわみ とはれねは すこもりなから ねをのみそなく
歌番4339 あけぬとて なにいそくらむ ひなとりの またとくらなる こゑにやはあらぬ
歌番4340 はるののに あさなくひなの つまこふと みをいたつらに なりにけるかな
歌番4341 あしたつの かひこめくつる すこもりの つひにかへらぬ みとやなりなむ
歌番4342 とりのこは かへりてのちそ なかれける みのかひなきを おもひしりつつ
歌番4343 かはかせに なひくあしたつ おのかよを なみとともにや きみはよすらむ
歌番4344 ちとせふと わかきくなへに あしたつの なきわたるなる こゑのはるけさ
歌番4345 あしたつの たてるかはへを ふくかせに よせてかへらぬ なみかとそみる
歌番4346 むれてゐる あしへのたつを わすれつつ みつにもきえぬ ゆきかとそみる
歌番4347 ちとせまて いのちたもてる つるなれは きみかゆききを したふなりけり
歌番4348 あふことの かたにおりゐる あしたつの すになくこゑは きこえやはする
歌番4349 たつのたつ さはへになみや さわくらむ あしのみきはの のとけからぬは
歌番4350 あまくもに はねうちつけて とふたつの たつたつしかも きみきまさねは
歌番4351 たつきなき あしへをさして とひわたり あなたつたつし ひとりさぬれは
歌番4352 あしたつの すむさはにおふる すかのねの ねむころにみる きみはたのます
歌番4353 わかのうらに しほみちくれは かたをなみ あしへをさして たつなきわたる
歌番4354 あしたつの すまふいりえの しらすけの しらすやきみは わかこふらくを
歌番4355 いとはやも なくぬるかりか しらつゆに いろとるききも もみちあへぬに
歌番4356 はるかすみ かすみていにし かりかねは いまそなくなる あききりのうへに
歌番4357 あやしくも きなかぬかりか しらつゆの おきにしあさほ ひさしきものを
歌番4358 あしへなる をきのはそよき あきかせの ふきくるなへに かりなきわたる
歌番4359 あきかせに こゑをほにあけて くるふねは あまのとわたる かりにさりける
歌番4360 ひさかたの あまくもおかす くもかくれ なきそゆくなる はつたかりかね
歌番4361 ことしけき さとにすますは けさなきし かりにたくひて いなましものを
歌番4362 かりかねの たかくなのりし みなれとも あきのこゑとそ ひとはいひてし
歌番4363 あきのやま きりたちわけて くるかりの ちよにかはらす こゑきこゆなり
歌番4364 ともともと おもひきつれと かりかねは おなしさとへも かへらさりけり
歌番4365 ものおもふと つきひのゆくも しらさりつ かりこそなきて あきとわけつれ
歌番4366 ことつけて とふへきものを はつかりの きこゆるこゑは はるかなりけり
歌番4367 はつかりの なきこそわたれ よのなかの ひとのこころの あきしうけれは
歌番4368 はるかすみ とひわけいぬる こゑききて かりきぬなりと ほかはいふらむ
歌番4369 としことに くもちまとはし くるかりは こころつからや あきをしるらむ
歌番4370 あまのはら かりそとわたる とほやまの こすゑはうへそ いろつきにける
歌番4371 ふるさとに かすみとひわけ ゆくかりは たひのそらにや はるをすくらむ
歌番4372 うきことを おもひつらねて かりかねの なきこそわたれ あきのよなよな
歌番4373 はつかりの はつかにこゑを ききしより なかそらにのみ ものをおもふかな
歌番4374 はるかすみ たつをみすてて ゆくかりは はななきさとに すみやならへる
歌番4375 ひたすらに わかきかなくに くもわけて かりそかりそと つけわたるらむ
歌番4376 あきかせに やまとひこゆる かりかねの いやとほさかり くもかくれつつ
歌番4377 まつひとに あらぬものから はつかりの けさなくこゑの めつらしきかな
歌番4378 なくかりの ねをのみそなく をくらやま きりたちはるる をりしなけれは
歌番4379 はるまけて かりかへるとも あきかせに もみちのやまを こえさらめやは
歌番4380 みよしのの たのむのかりも ひたふるに きみかかたにそ よるとなくなる
歌番4381 わかかたに よるとなくなる みよしのの たのむのかりを いつかわすれむ
歌番4382 つきみれは われてそひとの こひしきに いととくもゐに なきわたるかり
歌番4383 うちなひき はるさりくれは ささのはに をはうちふれて うくひすそなく
歌番4384 くたらのの はきのふるえに はるまつと すみしうくひす なきにけむかも
歌番4385 うめのはな さけるをかへに いへしあれは ともしくもあらす うくひすのこゑ
歌番4386 うちなひき はるさりくれは あをやきの えたくひもちて うくひすなくも
歌番4387 うちきえし ゆきはふりつつ しかすかに わかいへのそのに うくひすなきつ
歌番4388 はるのひに かすみたなひき うらかなし このゆふかけに うくひすなくも
歌番4389 うくひすの たにのそこにて なくこゑは みねにこたふる やまひこもなし
歌番4390 ふくかせを なきてうらみよ うくひすは われやははなに てたにふれたる
歌番4391 しるしなき ねをもなくかな うくひすは ことしのみちる はなならなくに
歌番4392 まつひとは こぬものゆゑに うくひすの なきつるえたを をりてけるかな
歌番4393 はるたては はなとやみえむ しらゆきの かかれるえたに うくひすのなく
歌番4394 はなのかを かせのたよりに たくへてそ うくひすさそふ しるへにはする
歌番4395 たのまれぬ はなのこころと おもへはや ちらぬさきより うくひすのなく
歌番4396 うくひすの たによりいつる こゑなくは はるくることを たれかつけまし
歌番4397 うめのはな ちるてふなへに はるさめの ふりてつつなく うくひすのこゑ
歌番4398 たけちかく よとこねはせし うくひすの なくこゑきけは あさいせられす
歌番4399 うくひすの おのかはかせに ちるはなを たれにおほせて ここらなくらむ
歌番4400 はるなから こころもゆかぬ うくひすは はなをみなから ねをのみそなく
歌番4401 うめかえに きゐるうくひす はるかけて なけともいまた ゆきはふりつつ
歌番4402 うめのはな みにこそきつれ うくひすの ひとくひとくと いとひしもをる
歌番4403 うくひすの なきつるこゑに さそはれて はなのもとにそ われはきにける
歌番4404 わかやとに きゐるうくひす はねよわみ とはぬはつらき ものにそありける
歌番4405 ゆきのうちに はるはきにけり うくひすの こほれるなみた いまやとくらむ
歌番4406 はるされは まつなくとりの うくひすの ことさきたてて きみをしまたむ
歌番4407 はるなれは つまをもとむる うくひすの こすゑをつたひ なきわたるかな
歌番4408 ふゆかくれ はるさりくれは あしひきの やまにものにも うくひすなくも
歌番4409 みそのふの たけのはやしに うくひすは しはなかましを ゆきはふりつつ
歌番4410 うくひすの こゑのほのかに きこゆるは いつらのやまに なくやまひこそ
歌番4411 むらむらの こつたふはるに なりぬらし やまのまにまに うくひすなくも
歌番4412 わきもこを うらまちかねつ ほとときす いたくなきかね こひもやむやと
歌番4413 わかことく きみにこふるは ほとときす このよすからに いねかてにする
歌番4414 ほとときす こゑきくをのの あきかせに あさちさけれや おとのともしき
歌番4415 もののふの いはせのもりの ほとときす いまもなかぬか やまのこかけに
歌番4416 ほとときす きなきとよます うのはなのと ともにやこしと とはましものを
歌番4417 たちはなの はなちるさとの ほとときす かたらひしつつ なくひしそおほき
歌番4418 わかやとに つきおしてれり ほとときす こころありこよひ きなきとよませ
歌番4419 ことしけき きみはきまさす ほとときす なれたにきなけ あさとあくへく
歌番4420 かききらし あめふるよるを ほとときす なきていぬなり あはれそのとり
歌番4421 いへにゆきて なにをかたらむ あしひきの やまほとときす ひとこゑもかな
歌番4422 ほとときす はなたちはなの えたにゐて なくはむかしの ひとやこひしき
歌番4423 もののふの いはせのもりの ほとときす いたくななきそ わかこひまさる
歌番4424 ほとときす いたくななきそ なかこゑを さつきのたまに あひぬるまてに
歌番4425 なつのよの ふすかとすれは ほとときす なくひとこゑに あくるしののめ
歌番4426 このさとに いかなるひとか いへゐして やまほとときす つねにきくらむ
歌番4427 さみたれの そらもととろに ほとときす なにをうしとか よはになくらむ
歌番4428 あしひきの やまのこすゑし たかけれは なくほとときす こゑはるかなり
歌番4429 むかしより なきふるしつつ ほとときす いくそのなつを こゑにたつらむ
歌番4430 つきをたに あかすおもひて ねぬものを ほとときすさへ なきわたるかな
歌番4431 はなもちり ほとときすさへ いぬるまて きみにもゆかす なりにけるかな
歌番4432 こかくれて さつきまつとも ほとときす はねならはしに えたうつりせよ
歌番4433 ほとときす はつかなるねを ききそめて あらぬもそれと おもほゆるかな
歌番4434 さつきこは なきもふりなむ ほとときす またしきほとの こゑをきかはや
歌番4435 ふたこゑと きくとはなしに ほとときす よふかくめをも さましつるかな
歌番4436 ほとときす われとはなしに うのはなの うきよのなかに なきわたるらむ
歌番4437 くるるかと みれはあけぬる なつのよを あかすとやなく やまほとときす
歌番4438 いそのかみ ふるきみやこの ほとときす こゑはかりこそ むかしなりけれ
歌番4439 ほとときす なくこゑきけは あちきなく ぬしさたまらぬ こひせらるはた
歌番4440 よやくらき みちやまとへる ほとときす わかやとにしも すきかてになく
歌番4441 さみたれに ものおもひをれは ほとときす よふかくなきて いつちゆくらむ
歌番4442 おとはやま けさこえくれは ほとときす こゑをはるかに いまそなくなる
歌番4443 ゆきやらて やまちくらしつ ほとときす いまひとこゑの きかまほしさに
歌番4444 ふすからに まつそわひしき ほとときす なくひとこゑに あくるよなれは
歌番4445 わかことく ものやかなしき ほとときす ときそともなく よよになくらむ
歌番4446 やよやまて やまほとときす ことつてむ わかよのなかに すみわひぬへし
歌番4447 なつやまに こひしきひとや いりぬらむ こゑふりたてて なくほとときす
歌番4448 つくはねわ わかゆけりとは ほとときす やまひことよみ なきなましとも
歌番4449 ほとときす よふかきこゑは つきまつと おきていもねぬ ひとそききける
歌番4450 たかさとに よかれをしてか ほとときす たたここにのみ ねたるこゑする
歌番4451 あひかたき きみにあへるよ ほとときす ことときよりも いまこそなかめ
歌番4452 さつきまつ やまほとときす うちはふき いまもなかなむ こそのふるこゑ
歌番4453 うちとけて いもねられねは ほとときす よふかきこゑは われのみそきく
歌番4454 みやまには くもゐたなひき あけにけり かはのせことに ちとりしはなく
歌番4455 あきくれは さほのかはらの かはきりに ともまとはせる ちとりなくなり
歌番4456 おほそらに わたるちとりの われならは をふのあたりを いかになかまし
歌番4457 かはちとり すむかはのうへの たつきりの まきれにたにも あひみてしかな
歌番4458 やまかはの いしまかくれに すむちとり ひとしれねはや こゑのきこえぬ
歌番4459 ちとりなく さほのかはらの ささらなみ やむときもなく わかこふらくは
歌番4460 さよなかに ともよふちとり ものおもふと わひつつあるに なきつつあやな
歌番4461 いとといとと ものおもひをれは かはちとり のにもやまにも なきみたれけり
歌番4462 おもひかね いもかりゆけは ふゆのよの かはかせさむみ ちとりなくなり
歌番4463 こたへぬに よるなとよめそ よふことり さほのかはらを のほりくたりに
歌番4464 とことはに きけはくるしき よふことり こゑなつかしき ときにはなりぬ
歌番4465 をちこちの たつきもしらぬ やまなかに おほつかなくも よふことりかな
歌番4466 わかやとの はなにななきそ よふことり なくかひありて きみもこなくに
歌番4467 かみなひの いはせのもりの よふことり いたくななきそ わかこひまさる
歌番4468 たきのうへの みふねのやまの あしへより きなきわたるは たれよふことり
歌番4469 いつしかも こえむとおもふ あしひきの やまになくなる よふことりかも
歌番4470 あさかすみ やへのやまこえし よふことり なくやなかくる やとはあらなくに
歌番4471 あかつきの しきのはねかき ももはかき きみかこぬよは われそかすかく
歌番4472 あさはらに さようちふけて たつしきの はこそしるらめ ひとりぬるよは
歌番4473 あかつきに はねかくしきの うちしきり いくよかいもか きみにこひわたるらむ
歌番4474 あかつきの しきのはねかき ももはかき かきあつめてそ わひしかりける
歌番4475 はるまけて ものかなしきに さよふけて とかはなくしき たかためかなく
歌番4476 あかつきと よからすなけと このやまの こすゑのうへは いまたしつけし
歌番4477 なつのよの こもちからすの さかそかし よふかくなきて きみをやりつる
歌番4478 あさからす いたくななきそ わきもこか あさけのすかた みれはかなしも
歌番4479 からすとふ おほおそとりの まさてにも きまさぬきみを ころくとそなく
歌番4480 たかしまや ゆるきのもりの さきすらも ひとりはねしと あらそふものを
歌番4481 みつまさる よとのかはせに たつさきの たちてもゐても なかぬひそなき
歌番4482 ひるよりも ゆるきのもりに すむさきの やすきいもねす こひあかしつる
歌番4483 みやまきに よるはきてなく はことりの あけはかはらむ ことをこそおもへ
歌番4484 はるたては のへにまつなく はことりの めにもみえすて こゑのかなしき
歌番4485 とりかへす ものにもかもな はことりの あけてくやしき ものをこそおもへ
歌番4486 かほとりの まなくしはなく はるののの くさのねしけき こひもするかな
歌番4487 あさゐてに きなくかほとり なれたにも きみにこふれは ときをへすなく
歌番4488 ゆふされは のへになくてふ かほとりの かほにみえつつ わすられなくに
歌番4489 よやさむき ころもやうすき かささきの ゆきあひのはしに しもやおくらむ
歌番4490 かささきの みねとひこえて なきゆけは なつのよわたる つきそかくるる
歌番4491 はるされは もすのくさくき みえすとも われはみやらむ きみかあたりをは
歌番4492 あきののの をはなかうれに なくもすの こゑききけむか かたきけわきも
歌番4493 くひなたに たたけはあくる なつのよを こころみしかき ひとやかへりし
歌番4494 つはめくる ときになりぬと かりかねは ふるさとこひて くもかくれなく

異本歌

歌番4495 くれはとり あやにこひしく ありしかは ふたむらやまも こえすなりにき
歌番4496 ひとりねの こもくちめやも あやむしろ をになるまてに きみをしまたむ
歌番4497 たかために これるなけきを うちつけに にほひもしらぬ われにおほする
歌番4498 いままてに なとかははなの さかすして よそとせあまり としきりはする
歌番4499 はるはるの かすはわすれす ありなから はなさかぬきを なににうゑけむ
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古今和歌六帖 原文 第六帖... | トップ | 万葉集 長歌を鑑賞する 集... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古今和歌六帖」カテゴリの最新記事