竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

古今和歌六帖 原文 第二帖 前半部

2017年03月12日 | 古今和歌六帖
古今和歌六帖 第二帖 前半部

字欠歌について、その歌が先行する歌集に載る歌と同じと推定されるものについては先行する歌集の歌で校訂しています。ただし、校訂時の操作ミスから作業データを失い、ためにその校訂部分に対する注記を行っていません。一方、字欠歌を集載する歌集が見つからなかったものは、校訂を行うことなくそのままとなっています。なお、この第二帖では字欠歌はありません。



歌番0829 おほなむち すくなひこなの つくりたる いもせのやまを みるはしもよし
歌番0830 みむろのや そのやまなかに こなからを まきもくやまに つきてよろしも
歌番0831 いはかねの こりしくやまに いりそめて やまなつかしみ いてかてぬかも
歌番0832 かねやまの したひかしたに なくかはつ こゑたにきかは なにかなけかむ
歌番0833 さほやまを よそにみしかと けふみれは やまなつかしみ かせなふきそも
歌番0834 なくさやま ことにもあらし わかこひは ちへにひとつも なくさまなくに
歌番0835 まきのはの しなふせやまの しのたすき わかこえくれは このはしけるも
歌番0836 わかせこか いるさのやまの やまあららき てなとりふれそ かもまさるかに
歌番0837 わかせこを こませのやまと ひとはいへと きみもきませぬ やまのなならし
歌番0838 するかなる うつのをやまの うつつにも ゆめにもみぬに ひとのこひしき
歌番0839 かしまなる つくまのやまの つくつくと わかみひとつに こひをつむかな
歌番0840 おほはらや をしほのやまの こまつはら はやこたかかれ ちよのかけみむ
歌番0841 たきのうへの みふねのやまに ゐるくもの つねならぬよを たれかたのまむ
歌番0842 きみかよに あふさかやまの いはしみつ こかくれたりと おもひけるかな
歌番0843 みよしのの よしののやまは ももとせの ゆきのみつもる ところなりけり
歌番0844 すかはらの ふしみのくれに みわたせは かすみにまかふ をはつせのやま
歌番0845 しらやまに ゆきふりぬれは あとたえて いまはこしちに ひともかよはす
歌番0846 つまかくす やののはきはら つゆしもに にほひそむらし ちらまくもしみ
歌番0847 あつまちの さやのなかやま さやかにも みぬひとゆゑに こひやわたらむ
歌番0848 みまさかや くめのさらやま さらさらに わかなはたてし よろつよまてに
歌番0849 くものうへに かりそなくなる うねひやま みかきのはらに もみちすらしも
歌番0850 しなかとり ゐなのをゆけは ありまやま ゆきふりしきて あけぬこのよは
歌番0851 やたののの あさちいろつく あらちやま みねのあはゆき さむくそあるらし
歌番0852 あすかかは もみちはなかる かつらきの やまにはいまそ しくれふるらし
歌番0853 なるかみの おとにのみきく まきもくの ひはらのやまを けふみつるかな
歌番0854 いちしるく しくれのふれは つくしなる おほののやまも うつろひにけり
歌番0855 よをうしと いとひしひとは かみなひの みむろのやまに いりにけるかも
歌番0856 もののふの たつといふなる すすかやま ならむかたこそ きかまほしけれ
歌番0857 かせふけは おきつしらなみ たつたやま よはにやきみか ひとりゆくらむ
歌番0858 いにしへの ことはしらぬを われみても ひさしくなりぬ あまのかこやま
歌番0859 わきもこか ゐなのはみせて なつきやま つののまつはら いつしかゆかむ
歌番0860 あふことを とほたふみなる たかしやま たかしやむねに もゆるおもひは
歌番0861 かくらくの とませのやまの やまきはに いさよふくもは いもにかもあらむ
歌番0862 ますかかみ みるふちやまは けふもかも しらつゆおきて もみちふるらし
歌番0863 うはたまの くろかみやまを あさこえて このしたつゆに ぬれにけるかも
歌番0864 なつころも うたしめやまの ほとときす なくこゑしけく なりまさるなり
歌番0865 かへるやま なにそもありて あるかひは きてもとまらぬ なにこそありけれ
歌番0866 しのふやま しのひにこえむ みちもかな ひとのこころの おくもみるへく
歌番0867 みなつきの なこしのやまの よふことり おほぬさにのみ こゑのきこゆる
歌番0868 わかこふる みののをやまの ひとつまつ ちきりしこころ いまもわすれす
歌番0869 しらまゆみ いるさのやまの ときはなる いのちかあやな こひゐてやあらむ
歌番0870 わかこひは みくらのやまに うつしてむ ほとなきみには おきところなし
歌番0871 つのくにの まつかねやまの よふことり なくといまくと いふひともなし
歌番0872 はるくさを うまくひやまを こえてくる かりのつかひは やとりすくなり
歌番0873 よのなかを なけきにくゆる かまとやま はれぬおもひを なにしそめけむ
歌番0874 しをりして ゆかましものを あひつやま いるよりまとふ みちとしりせは
歌番0875 おもひいてて みちきつれとも みかはやま きみにしあらねは なほそこひしき
歌番0876 いはてやま いはてなからの みのはては おもひしことと たれかつけまし
歌番0877 をくらやま みねふみならし きにしかは けふはなにとも おもほえぬかな
歌番0878 みわのやま いかにまちみむ としふとも たつぬるひとも あらしとおもへは
歌番0879 おとはやま おとにききつつ あふさかの せきのこなたに としをふるかな
歌番0880 のちせやま のちにあひみむと おもへはそ しぬへきものを けふまてもふる
歌番0881 かかみやま やまかきくもり しくるれと もみちはなほそ てりまさりける
歌番0882 おほえやま かすみたなひき かせふきて われふねとめむ とまりとめすも
歌番0883 くらはしの やまのゆきにも あらなくに まつひとさきに みのふりぬらむ
歌番0884 すみそめの くらまのやまに いりしひと まとふまとふも かへりきななむ
歌番0885 わかやとは みやこのたつみ しかそすむ よをうちやまと ひともいふらむ
歌番0886 みちのくに あふくまかはの あなたにや ひとわすれすの やまはさかしき
歌番0887 かたときも みねはこひしき おほえやま なけきこえする ひとはよきかは
歌番0888 はるきぬと いまはいふきの やまへにも またしかりけり うくひすのこゑ
歌番0889 いつこにそ ありとききしは いはたやま きみかこころの なれるなりけり
歌番0890 むかしわか かとてにしてし ひえのやま こころよわくは かへるものかは
歌番0891 わかために なにのあたこの やまなれや こひしとおもふ ひとのいるらむ
歌番0892 よをうしと おもひいれとも あかはたの やまはみをこそ かくささりけり
歌番0893 うらみても しるしなけれと しなのなる あさまのやまの あさましやきみ
歌番0894 いつからか しらへのこゑの たえにけむ ことひきやまの おとのきこえぬ
歌番0895 ころもての いろまさりつつ しなのなる くらゐのやまは きみかまにまに
歌番0896 あめはふる みちはまよひぬ やましなの かさとりやまや いつこなるらむ
歌番0897 むかしみし ひとをそいまは わすれゆく やつくろやまの ふもとはかりに
歌番0898 しるしなき ものならなくに あしからの やまのやますけ やますこひしき
歌番0899 あはたやま こゆともこゆと おもへとも なほあふさかは はるけかりけり
歌番0900 いなりやま すきのむらたち おしなへて このもとことに くるよしもかな
歌番0901 みやこより にしにありてふ かまとやま けふりたえせぬ こひもするかな
歌番0902 ちはやふる かみかきやまの さかきはは しくれにいろも まさらさりけり
歌番0903 あめふれは みかさのやまの このしたも ぬれぬいほりも なしとこそきけ
歌番0904 つのくにの いくたのやまの いくたひか わかいたつらに ゆきかへるらむ
歌番0905 ひとこころ あらちのやまに なるときそ ちきりこしちの みちはくやしき
歌番0906 つらしとて もろはのやまに かくるとも われやまひこに なりてたつねむ
歌番0907 しもつけや ふたこのやまの ふたこころ ありけるひとを たのみけるかな
歌番0908 われをのみ いはせのやまに こるなけき くやしともえぬ ひそなかりける
歌番0909 ふしのねを たかみかしこみ あまくもも いさりひはかり たなひくものを
歌番0910 なへてしも いろかはらねは ときはなる やまにはあきも しられさりけり
歌番0911 かくはかり うつろふいろの こけれはや にしにたつたの やまといふらむ
歌番0912 みてもおもひ みすてもおもひ おほかたは わかみひとつや ものおもふやま
歌番0913 くらふやま くらしとなには たてれとも いもかりといはは よるもこえなむ
歌番0914 しとみやま おろしのかせの はやけれは かせにはつねに なきてこそふれ
歌番0915 わかこひは おほえのやまの あきかせは ふきてしそらの こゑにそありける
歌番0916 わかれては いくらのやまを こえぬれは あふことかたく なりもてくらむ
歌番0917 おほはらや をしほのやまも けふしこそ かみよのことも おもひいつらめ
歌番0918 あきのよの つきのひかりし きよけれは はこねのやまの うちさへそてる
歌番0919 もみちせぬ ときはのやまは ふくかせの おとにやあきを ききわたるらむ
歌番0920 あつさゆみ いるさのやまを あききりの あたることにや いろまさるらむ
歌番0921 しらつゆは うつしなりけり みつとりの あをはのやまの いろつくみれは
歌番0922 あめふらは きむとおもひし かさのやま ひとになきせそ ぬれはぬるとも

山鳥

歌番0923 くものゐる とほやまとりの よそにても ありとしきけは わひつつそぬる
歌番0924 あしひきの やまとりのをの したりをの なかなかしよを わかひとりぬる
歌番0925 あきかせの ふきよることに やまとりの ひとりしぬれは ものそかなしき
歌番0926 ゆふされは きみをまつちの やまとりの なくなくぬるを たちもきかなむ
歌番0927 はなのちる ことやかなしき かすみたつ たつたのやまの やまとりのこゑ



歌番0928 あしひきの やまのたえまに つまこふと しかなむまさる こゑきこゆなり
歌番0929 わひしらに ましらななきそ あしひきの やまのかひある けふにやはあらぬ
歌番0930 こころあらは みたひふたたひ なくこゑを ものおもふひとに きかせさるらむ

鹿

歌番0931 ゆふされは をくらのやまに なくしかの こよひはなかす いねにけらしも
歌番0932 なつのゆく をしかのつのの つかのまも みねはこひしき きみにもあるかな
歌番0933 なくしかの こゑうらふれぬ ときはいまは あきとやいはむ はきのはなさく
歌番0934 いもにわか うらこひをれは あしひきの やましたとよみ しかそなくなる
歌番0935 たかやまの みねゆくしかの ともをおほみ そてふりこぬを わするとおもふな
歌番0936 さをしかの つまをしのふと なくこゑの いたらむかきり なひけはきはら
歌番0937 あさみちの ふるみちわけて なくしかの たちわかれにし つまやこひしき
歌番0938 あきやまに つまなきしかの としをへて なそやいきての かひよとそなく
歌番0939 はるののの しけきくさはの つまこひに なそわかこひの かひよとそなく
歌番0940 このころの あきのあさけに きりかくれ つまよふしかの おとのさひしさ
歌番0941 たれきけと こゑたかさこの さをしかの なかなかしよを なきあかすらむ
歌番0942 ぬれきぬを ほすさをしかの こゑきけは いつかひよとそ なきわたりける
歌番0943 なくしかは つまそこふらし くさまくら たひゆくひとに こゑなきかせそ
歌番0944 こころしも かよはしものを やまちかく しかのねきけは まさるわかこひ
歌番0945 かりくれは はきはちりぬと さをしかの なくなるこゑも うらふれにけり
歌番0946 あしひきの やまよりきけは さをしかの つまよふこゑも かつきかましを
歌番0947 さをしかの あさふすをのの あきはきを をれぬはかりも おけるつゆかな
歌番0948 あきはきに しからみかけて なくしかの こゑききつつや やまたもるらむ
歌番0949 おほつかな をくらのやまに なくしかの こゑたかくとも たれかしるへき



歌番0950 とらにのり ふるやをこえて あをふちに みつとりとらむ つるきたちかも
歌番0951 からくにの とらふすといふ やまにたに たひにはやとる ものとこそきけ
歌番0952 あさちふの をののしのはら いかなれは てかひのとらの ふしところみる
歌番0953 ありとても いくよかはふる からくにの とらふすのへに みをもなけてむ



歌番0954 あらくまの すむといふなる しはせやま せめてとふとも なかなはいはしを



歌番0955 ますらをの たかまとやまに せめたれは さとにおちたる むささひそこれ
歌番0956 むささひは こすゑもとむと あしひきの やまのさとをに あひにけるかな

山川

歌番0957 やまかはの たきつこころを せきかねて ひとのきかくに なけきつるかな
歌番0958 こひこひて あはすなりなは やまかはの ひともわたらぬ せとやなりなむ
歌番0959 わひひとの そてをやかれる やまかはの なみたのことも おつるたきかな
歌番0960 さをしかの つめたにひちぬ やまかはの あさましきまて とはぬきみかな
歌番0961 みつまさる ときはふちなみ やまかはの たきならねはや おとのたえせぬ
歌番0962 ことはかり よらせよいもよ やまかはの たてのみたれて たゆたへるきみ

山田

歌番0963 あしひきの やまたつくるを いてすとも しめたにはへよ もるとしるへく
歌番0964 あしひきの やまたにはふる しめなはの あきたかるまて たえしとそおもふ
歌番0965 こととては たれならなくに をやまたの なはしろみつの なかよとみする
歌番0966 かりてほす やまたのいねの こきたれて ねをこそなかめ ひとはうらみし
歌番0967 やまたさへ いまはつくるを ちるはなの かことはかせに おほせさらなむ
歌番0968 かりてほす やまたのいねを かそへつつ おほくのとしを つみてけるかな
歌番0969 とほやまた もるやひとめの しけけれは ほにこそいてね わすれやはする
歌番0970 やまたすき はるのたねをは まきしかと あきのときには なさしとそおもふ
歌番0971 やまかけに つくるやまたの こかくれて ほにいてぬこひは くるしかりけり
歌番0972 しらつゆの おくてのやまた かりそめに うきよのなかを おもひぬるかな

山里

歌番0973 やまさとも おなしうきよの なかなれは ところかへても すみうかりけり
歌番0974 やまふかき やとにはあれとも よとともに はるのこころは あさくそなるらし
歌番0975 はるくれと はなもにほはぬ やまさとは ものうかるねに うくひすそなく
歌番0976 ゆきやとり しらくもたにも かよはすは このやまさとは すみうからまし
歌番0977 ゆきのみや ふりぬとおもふ やまさとは われもおほくの としそへにける
歌番0978 たちぬとは はるをきけとも やまさとは まちとほにこそ はなはさきけれ
歌番0979 やまさとに すむかひあるは うめのはな みつつうくひす なくにそありける
歌番0980 やまさとは あきこそことに かなしけれ しかのなくねに めをさましつつ
歌番0981 やまさとに しるひともかな うくひすの なきぬときかは われにつくへく
歌番0982 あられふる みやまのさとの かなしきは きてたはやすく とふひともなき
歌番0983 やまさとは ふゆそさひしさ まさりける ひとめもくさも かれぬとおもへは
歌番0984 すみわひぬ いまはかきりそ やまさとに つまきこるへき やともとめてむ

山井

歌番0985 あさかやま かけさへみゆる やまのゐの あさくはひとを おもふものかは
歌番0986 むすふての しつくににこる やまのゐの あかてもひとに わかれぬるかな
歌番0987 くやしくそ くみそめてける あさけれは そてのみぬるる やまのゐのみつ
歌番0988 いつなから わかるるときけは やまのゐの にこりしよりも わひしかりけり
歌番0989 あさからむ ことをたにこそ うらみしか たえやはつへき やまのゐのみつ
歌番0990 めつらしや むかしなからの やまのゐは しつめるかけそ くちはてにける

山彦

歌番0991 やまひこは こゑのいほりの なけれはや おもふおもふと いへとこたへぬ
歌番0992 つれもなき ひとをこふとて やまひこの こたへするまて なけきつるかな
歌番0993 やまひこの こゑのまにまに たつねゆけは むなしきそらを ゆきやつかれむ
歌番0994 やまひこは きみにそあるらし こころみに われとひやめは おとつれもせす
歌番0995 よもやまの やまのやまひこ なけれはや わかよふこゑに こたへたにせぬ
歌番0996 あふことの やまひこにして そらならは ひとめもわれは よきすそあるらし
歌番0997 うちわひて よははむこゑに やまひこの こたへぬそらは あらしとそおもふ
歌番0998 うくひすの なくねをまねに やまひこの ことありかほに もとめつるかな
歌番0999 やまひこの よそにこたへし こゑなれと こととひしこそ うれしかりけれ
歌番1000 やまひこの あひとよむまて つまこひに しかなくやまに ひとりのみして
歌番1001 いつかたに われまとへとか やまひこの こたへしかたに おとつれもせぬ



歌番1002 いかならむ いはほのなかに すまはかは よのうきことの たつねこさらむ
歌番1003 みよしのの いはきりとほし ゆくみつの おとにはたてし こひはしぬとも
歌番1004 あまころも なつるちとせの いはほをも ひさしきものと わかおもはなくに
歌番1005 いかはかり ひさしくもあらす あまころも をとめかなつる いははかりなり
歌番1006 いはのうへを すみかにしたる あしたつは よをのとかにも おもふへきかな
歌番1007 こけなから おけるいはほは ひさしくて きみにくらふる こころあるかな



歌番1008 しからきの みねたちかくす はるかすみ はれすもものを おもふころかな
歌番1009 しらくもの たえすたなひく みねにたに すめはすみぬる よにこそありけれ
歌番1010 あきかせの ふきにしひより おとはやま みねのこすゑも いろつきにけり



歌番1011 とりのねも きこえぬたにの うもれきは わかひとしれぬ なけきなりけり
歌番1012 ひかりまつ たににははるも よそなれは さきてとくちる ものおもひもなし
歌番1013 あさかやま かすみのたにし ふかけれは わかものおもひは はるるよもなし



歌番1014 みやきひく あつさのそまに たつなみの やむときもなく こひわたるかな
歌番1015 いかたおろす そまやまかはの みなれさを さしてくれとも あはぬきみかな
歌番1016 そまやまに たつすきくれの おもておもて ひとにひかるる きみはたのまし
歌番1017 まきはしら つくるそまひと いさくめの かりほのためと おもひけむやは
歌番1018 みやきひく いつみのそまに たつくもの やむときもなし わかこふらくは

斧柄

歌番1019 をののえは くちなはまたも すけかへむ うきよのなかに かへらすもかな
歌番1020 ふるさとは みしこともあらす をののえの くちしところそ こひしかりける
歌番1021 ふしのやま なけきこるてふ をののえの ほとほとしくも ありしほとかな

炭竃

歌番1022 たにふかく やくすみかまの けふりたに みねはくもとは ならぬものかは
歌番1023 ときはきを なほすみかまに こりくへて たえしけふりの そらにたつなは
歌番1024 なけきつつ よにすみかまの われひとも したにもゆとも たれかしるへき
歌番1025 ひとめたに みえぬやまへに たつくもを たれすみかまの けふりといふらむ



歌番1026 やくもたつ いつものくにの てまのせきの てまとなつけし よしもしられす
歌番1027 まててはは ひとしりみむや わかせこを ととめかねてそ てまとなつけし
歌番1028 あふことを なはしろみつに まかせては こさむこさしは をやまたのせき
歌番1029 かはくちの せきのあらかき まもれとも いらてわれねぬ しのひしのひに
歌番1030 かはくちの せきのあらかき いかなれは よるのかよひを ゆるささるらむ
歌番1031 たちよらは かけふむはかり ちかきまに あひみぬせきを たれかすゑけむ
歌番1032 あからまの こしまのせきの かためては いもかこころは うたかひもなし



歌番1033 かみつけや いちしのはらの いちしるく われとしみえぬ ひとにしらすな
歌番1034 きみかかる こささのはらに ゐるくもの たえてわかるる こひもするかな
歌番1035 あさひさす あさちかはらの しもよりも きえてこひしき ふるきことのは
歌番1036 なにしおへは いつれもかなし あさなあさな なてておほしし うなゐこかはら
歌番1037 こひしくは みかたのはらを いててみむ またあさかほの はなはさくやと



歌番1038 あきかせの ひことにふけは みつくきの をかのこのはも いろつきにけり
歌番1039 みこしをか いくそのよよに としをへて けふのみゆきを まちてすくらむ
歌番1040 みちのくの ありといふなる かたをかの をかをわかみに そふるころかな
歌番1041 きみかよも わかよもしらす いはしろの をかのたかねを いさむすひてむ
歌番1042 みちのくの つつしのをかの そまつつら つらしといもを けふそしりぬる
歌番1043 あしひきの やまなしをかに ゆくみつの たえすそきみを こひわたるへき
歌番1044 ふなをかの ともへにたてる しらくもの たちわかるとも あはれとそおもふ
歌番1045 あはぬみよ うしやのをかに かりはすれと なをたにたえぬ とりにもあるかな



歌番1046 おほあらきの もりのしたくさ おいぬれは こまもすさへす かるひともなし
歌番1047 ひとしれぬ おもひするかの くににこそ みをこからしの もりはありけれ
歌番1048 やましろの いはたのもりの ははそはら いはねとあきは いろつきにけり
歌番1049 いつみなる しのたのもりの くすのはの ちえにわかれて ものをこそおもへ
歌番1050 きみこふと われこそむねを こからしの もりとはなしに かけになりつつ
歌番1051 ふくかせに なひきもせなむ おもふこと われにもいはの もりのしたくさ
歌番1052 いとはやも なきぬるかりか こかのもり きにはふつたも もみちあへなくに
歌番1053 おもふとは なにをかさらに みやまなる しけりのもりを われとしらなむ
歌番1054 いもかいへに いくたのもりの ふちのはな いまこむはるも かくこそはみめ
歌番1055 きくからに もゆるおもひは やましろの いはたのもりに なくよふことり
歌番1056 かたらひの もりのことのは ちりぬらむ おもひのやまの まつそかはらぬ
歌番1057 たつたやま たちなはきみか なををしみ いはせのもりの いはしとそおもふ
歌番1058 かつみつつ いはねのもりに すむせみは ときをしらすや なきわたるらむ
歌番1059 つらきをも いはねのもりの したにおふる くさのたもとそ つゆけかりける
歌番1060 わかかとの わさたもいまは かりあけねは かねてうつろふ かみなひのもり
歌番1061 かみなつき しくれにそむる もみちはを にしきにおれる かみなひのもり
歌番1062 ひとにつく たよりたになし おほあらきの もりのしたなる くさのみなれは
歌番1063 おほあらきの もりのくさとや なりにけむ かりにきてとふ ひとのなきかな
歌番1064 ゆふかけて いのるみむろの かみさひて たたるにしあれは ねきそかねつる
歌番1065 ちはやふる かみのいかきも こえぬへし いまはわかみの をしからなくに
歌番1066 かつまたの いけにとりゐし むかしより こふるいもをそ けふいまにみぬ
歌番1067 われみても ひさしくなりぬ すみよしの きしのひめまつ いくよへぬらむ



歌番1068 ちはやふる かものやしろの ゆふたすき ひとひもきみを こひぬひはなし
歌番1069 あめつちの かみをねきつつ わかこふる きみにかならす あはさらむやは
歌番1070 いにしへの かみのみよより あひけらし いまのこころも とくわすられす



歌番1071 ちはやふる かみなひかはの もみちはに おもひはかけし うつろふものを
歌番1072 まきもくの あなしのやまの やまひとを ひともみるかね やまかつらせよ
歌番1073 いかきして まもるやしろの もみちはも しめをはこえて ちるてふものを
歌番1074 いそのかみ ふるのやしろの すきむらの おもひすくへき きみならなくに
歌番1075 かみつよの いかきにはへる もろかつら こなたかなたに むけてこそみれ
歌番1076 ゆくかうへに またもゆけこま かみかけや みむろのやまの やまかつらせむ
歌番1077 ひともみな かつらかさして ちはやふる かみのみあれに あふひなりけり
歌番1078 あれひきに ひきつれてこそ ちはやふる かものかはなみ たちわたりけれ
歌番1079 はるかすみ たちましりつつ いなりやま こゆるおもひの ひとしれぬかな
歌番1080 いなりやま ゆきかふひとは きみかよを ひとつこころの いのりやはせぬ
歌番1081 かきくもり あやめもしらぬ おほそらに ありとほしをは いかかしるへき
歌番1082 くれなゐの すそひくみちを なかにおきて われやゆくへき きみやきまさむ
歌番1083 いそのかみ ふるのなかみち なかなかに みすはこひしと おもはましやは
歌番1084 つきよよみ いもにあはむと たたちから われはくれとも よそふけにける
歌番1085 ととむとも なほかよひなむ たまほこの みちせはきまて しけきわかこひ
歌番1086 いにしへの のなかふるみち あらためは あらためられよ のなかふるみち
歌番1087 みちすらに しくれにあひて いととしく ほしあへぬそてを ぬらしつるかな
歌番1088 ゆきやらぬ こころやなにそ あきののの みちはちさとも あらしとおもふを
歌番1089 たまほこの みちのちまたに いもまつと たちたるほとに よはふけにけり
歌番1090 なつやまの かけをしけみや たまほこの みちゆきひとも たちとまるらむ
歌番1091 たまほこの とほみちをこそ ひとはゆけ なとかいまのま みぬはこひしき
歌番1092 わかやとは みちもなきまて あれにけり つれなきひとを こふとせしまに

使

歌番1093 こころには ちへにしきしき おもへとも つかひをやらむ すへもしらなみ
歌番1094 かくはかり われはこひつつ たまほこの きみかつかひを まちやかねてむ
歌番1095 ひとことの しけききみには たまほこの つかひやらすと わするとおもふな
歌番1096 わきもこや いたくなわひそ たまほこの つかひかよはぬ ものならなくに
歌番1097 たまほこの みちゆくひとも みえなくに なけきをしつつ いてきつるかも
歌番1098 こひしねと するわさならて たまほこの つかひもみえす なりゆくみれは
歌番1099 いつひとは みちもしけみに かよへとも わかまついもか つかひこぬかも
歌番1100 たれかれと とははこたへむ すへをなみ きみかつかひを かへしつるかな
歌番1101 わかこひの ことしかたらひ なくさめむ きみかつかひを まちやかねてむ
歌番1102 わかやとの わさたかりあけて かへすとも きみかつかひを かへしはやらし



歌番1103 あつまちの むまやむまやと かそへつつ あふみのちかく なるかうれしさ
歌番1104 あつまちの まとのとほさも あらなくに むまやむまやと きみをまつかな


春田

歌番1105 このめはる はるのあらたを うちかへし おもひやみにし ひとそこひしき
歌番1106 あらきたを あらすきかへし かへしても みてこそやまめ ひとのこころを
歌番1107 わすらるる ときしなけれは はるのたの かへすかへすそ ひとはこひしき
歌番1108 はるのたを ひとにまかせて われはたた はなにこころを つくるころかな
歌番1109 あしひきの やまのさくらの いろみてそ をちかちひとは たねはまきける

夏田

歌番1111 わきもこか てさへぬれつつ ううるたを かりてをさめむ くらなしのやま
歌番1112 ときすきは さなへもいたく おいぬへし あめにもたこは さはらさりけり

秋田

歌番1113 あきのたの ほにいてぬれは うちむれて さととをより かりそきにける
歌番1114 くもかくれ なくなるかりの ゆきてゐる うきたのほむき しけくしそおもふ
歌番1115 あきのたの ほにこそひとを いてさらめ なとかこころに わすれしもせむ
歌番1116 あきのたの ほのうへきりあふ あさかすみ いつれのかたに われこひやまむ
歌番1117 ひとりして ものをそおもふ あきのたの いなはのそよと いふひともなし
歌番1118 ひとこころ いまはあきたの ほになれは いなはのつゆの おもひけぬへし
歌番1119 あきのたの ほなみおしわけ おくつゆの きえもしななむ こひてあはすは
歌番1120 わかかとの わさたもいまた かりあけぬに けさふくかせに かりはきにけり
歌番1121 あきのたの ほにけのますら かたよりに きみかよりなは ここちよくならむ

冬田

歌番1122 あきはてて ひともてふれぬ ひつちほの わかこころもて おひいつるなり
歌番1123 こころもて おふるやまたの ひつちほは きみまもらねと かるひともなし

刈穂

歌番1124 あきたかる かりほをみつつ こきくれは ころもてさむし つゆおきにけり
歌番1125 みやまたの おくてのいねを ほしわひて まもるかりほに いくよへぬらむ
歌番1126 かりほにて ひさにへにけり あきかせに わさたかりかね はやもなかなむ
歌番1127 あきはきを かりほにつくり いほりして あるらむきみと みるよしもかな
歌番1128 たつかねの きこゆるなへに いほりして たひにありきと いもにつけなむ
歌番1129 あきのたの かりほすいほの とまをせみ わかころもては つゆにぬれつつ

稲負鳥

歌番1130 やまたもる あきのかりほに おくつゆは いなおほせとりの なみたなりけり
歌番1131 わかやとに いなおほせとりの なくなへに けさふくかせに かりはきにけり

案山子(そほつ)

歌番1132 そほつたつ やまたのいけは いまもなほ こころふかしな うきせはあれと
歌番1133 あきのたに たえぬはかりそ きみこふる そてのそほつに ならぬひはなし
歌番1134 あしひきの やまたにたてる そほつこそ おのかたのみを ひとにかくなれ


春野

歌番1135 くさもきも みとりにみゆる はるののに あめふりそめは いろやまさらむ
歌番1136 はるふかく なりぬるときの のへみれは くさのみとりも いろまさりけり
歌番1137 こまなへて めもはるののに ましりなむ わかなつみつる ひともありやと
歌番1138 なかなかに なにあひみけむ かすかのの やくるほのほを よそにみましを
歌番1139 はるののに わかなつまむと しめしのに ちりかふはなに みちもまかひぬ
歌番1140 わすらるる ときしなけれは かすかのの とふひありやと まつそわひしき

夏野

歌番1141 なつのゆく をしかのつのの つかのまも みねはこひしき きみにもあるかな
歌番1142 くさしけみ したしけりゆく なつののを わくとわくれは そてそひちぬる

秋野

歌番1143 あきののに みたれてさける はなのいろの ちくさにものを おもふころかな
歌番1144 あきののの うつろふみれは つれなくて かれにしひとを くさはとそおもふ
歌番1145 あきののの くさもわけぬに わかそての ものおもふなへに つゆけかるらむ
歌番1146 あきののに いまこそゆかめ もののふの をとこをむなの はなにほふみに
歌番1147 あきののに にしきのことも みゆるかな いろなきつゆは おかしとそおもふ
歌番1148 あきののに いかなるつゆの おけはかは ちちにくさはの いろかはるらむ
歌番1149 あきののに おくしらつゆは たまなれや つらぬきとむる くものいとすち
歌番1150 あきののに わけゆくからに うつりつつ わかころもては はなのかそする
歌番1151 ゆくゆくと みれともあかぬ あきののは ゆきもやられす とまるともなし
歌番1152 あきかせの ふきとふきぬる むさしのは なへてくさきの いろかはりけり
歌番1153 よのかなの つねとはみれと あきののの うつろひかはる ときそわひぬる

冬野

歌番1154 しもかれの ひととわかみを おもひせは もえてもはるを またましものを
歌番1155 かやののへ いともかくなる みねのうへの まつかえともに ひさしきものを
歌番1156 ふゆこもり はるのおほのを やくひとは やきやかねはや ひとのむねやく

雑歌

歌番1157 むさしのの くさのゆかりと きくからに おなしのへとも むつましきかな
歌番1158 あふことを いなみのにすむ しかこそは かりのひとには あはしてふらめ
歌番1159 わするやと のにいててみれは はなことに ふくめるものは あはれなりけり
歌番1160 はつかにも ひとをみまくの すすきのの ほにいてていまそ こひしかりける
歌番1161 いなみのの あさちおしなひ さねしよの けなかくしあれは いもをこそおもへ
歌番1162 ますらをの よひたてしかは さをしかの むなわけゆくそ あきのはきはら



歌番1163 いなみのに かりするしたひ くさふかみ むつきはみえて ゆみのはすみゆ
歌番1164 やまのへに さつをのねらひ おそろしみ をしかなくなり つまのめをほり
歌番1165 あつさゆみ すゑののはらに とかりする きみかゆつるの たえむとおもへはや
歌番1166 たつかゆみ てにとりもちて あさかりに たたしらぬたなく このきのもと
歌番1167 さつきやま このしたやみに ともすひは しかのたちとの しるへなりけり

灯火

歌番1168 をくらやま ともしのまつの いくそたひ われしかのねを なきてへぬらむ
歌番1169 あふことを ともしのしかの うちむきて めをたにみせは いるへきものを
歌番1170 ほとときす まつにつけてや ともしする ひともやまつに よをあかすらむ



歌番1171 つくはねに かくならわしの ねをのみか なきわたりなは あふとはなしに
歌番1172 しふたにの ふたかみやまに わしそこむてふ むさしのは にもきみかめに わしそこうむてふ
歌番1173 やかたをの ましろのたかを ひきすゑて きみかみゆきに あはせつるかな
歌番1174 あらたかの いまはくもゐに なりぬれは きてもやいると みするてたぬき

大鷹

歌番1175 うらむへき こころおほたか てにすゑて かりにのみくる ひとやなになり
歌番1176 へをつきて やまにいりにし あらたかの いとをきにくき そらことなせそ

小鷹

歌番1177 にはくさを うつらすむまて はらはせし こたかてにすゑ みむひとのため
歌番1178 かりしての ほとなきみにも はしたかの ねはなきはらふ ものにさりける
歌番1179 つらしとも うらみさらなむ はしたかの とかへるやまの しひももみちす
歌番1180 かりにても すゑしとそおもふ はしたかの すすろなるなを たちもこそすれ
歌番1181 としをへて かへりかたのの すもりこの きみにしあへは とひたちぬへし



歌番1182 すすきのに さをとるききす いちしるく なきしもなかむ こもりつまはも
歌番1183 あしひきの やまをのききす なきとよむ あさけのすかた みれはかなしも
歌番1184 はるきしの なくたかまとに さくらはな ちりなからふる みむひともかな
歌番1185 はるののに おもひねきしの ひとつかひ わかこはたかに おちやしぬらむ
歌番1186 ねくらなる しもうちはらひ たつきしの そらにこそとれ ひとのこころを
歌番1187 はるののに あさなくきしの つまこひに おのかありかを ひとにしられて
歌番1188 くりこまの やまにあさたつ きしよりも われをはかりに おもひけるかな



歌番1189 われをあきと ふるつゆなれは やまはとの なきこそわたれ きみまつのえに



歌番1190 うつらなく ふるきさとより おもへとも なにそもいもに あふよしもなき
歌番1191 のとならは うつらとなりて なきをらむ かりにたにやは ひとのこさらむ
歌番1192 うつらなく ふるきみやこの あきはきを おもふひととち あひみつるかな

大鷹狩

歌番1193 おほきたか いまとしなれは おほあらきの もりのしたくさ ひともかりけり
歌番1194 しもかれに なりにしのへと しらねはや はかなくひとの かりにきつらむ
歌番1195 ふゆくさの かれははてなて しかすかに いまとしなれは かりにのみくる
歌番1196 しもかれの くさはをうしと おもへはや ふゆのののへを ひとのかるらむ
歌番1197 かりくらし たなはたつめに やとからむ あまのかはらに われはきにけり
歌番1198 ひととせに ひとたひきます きみまては やとかすひとも あらしとそおもふ
歌番1199 すまのせき あきはきしのき こまなへて たかかりをたに せてやわかれむ

小鷹狩

歌番1200 おもひいてて こひしくもあるか あはつのの こはきかしたに わかゆきしかり
歌番1201 あきののに かりそくれぬる をみなへし こよひはかりの やともかさなむ
歌番1202 かりにとて われはきつれと をみなへし みるにこころそ おもひつきぬる
歌番1203 はなのいろを ひさしきものと おもはねは われはのやまを かりにこそみれ
歌番1204 ももくさの はなはみゆれと をみなへし さけるなかにと かりくらしてむ
歌番1205 かりにとて のへにそきつる すすむしの こゑはさやけき しるへなりけり

野辺

歌番1206 いさけふは はるのやまへに ましりなむ くれなはなけの はなのかけかは
歌番1207 はるののの あさちかうへに おもふとち あそへるけふは わすられめやは
歌番1208 はるかすみ たつかすかのを たちかへり われはあひみむ いやとしのはに
歌番1209 はるののに こころやらむと おもふとち ちきりしけふは くれすもあらなむ
歌番1210 ここにして けふはくらさむ はるのひの なかきこころを おもふかきりは
歌番1211 はるくれは はなみむとおもふ こころこそ のへのかすみと ともにたちいつれ
歌番1212 あたにこそ のへのはなみに わかこしか なかなかしひを くらしつるかな
歌番1213 のへにいてて みるともはなの さかさらは なににこころを なくさめてこむ
歌番1214 おもふとち はるのやまへに うちむれて そこともしらぬ たひねしてしか
歌番1215 ももくさの はなのひもとく あきののに おもひみたれむ ひとなとかめそ
歌番1216 あきののは みちもゆかれす ともすれは はなのあたりに めのみとまりて
歌番1217 みやひとの かすはしりにき をみなへし いつこととはは いかかこたへむ
歌番1218 かりにとて くへかりけれや あきののの はなみるほとに ひはくれにけり
歌番1219 もみちみに きみにおくれて ひねもすに おもはぬやまを おもひつるかな
歌番1220 かきりなく わかおもふひとの ゆくのへは いろやちらさめ はなそさきける
歌番1221 あきかせは すすしくなりぬ こまなへて いさのにゆかむ はきのはなみに
歌番1222 あきののに さきたるはなを てををりて かきかそふれは ななくさのはな
歌番1223 はきのはな をはななてしこ をみなへし またふちはかま あさかほのはな

行幸

歌番1224 ふるさとは よしののやまし ちかけれは ひとひもみゆき ふらぬひはなし
歌番1225 たまつしま いりえのこまつ おいにけり ふるきみやこの ことやとはまし
歌番1226 あつさゆみ つまつくよとの とほとにも きみかみゆきを きくかうれしき
歌番1227 むくらはふ いやしきやとも おほきみの みゆきとしらは たましかましを
歌番1228 まつかけの きよきかはへに たましかは きみきまさむか きよきかはへに
歌番1229 しらさきに みゆきかくあらは おほふねに まかちしらなみ またかへりこむ
歌番1230 おほきみの みゆきのまには わきもこか たまくらまかす つきそへにける
歌番1231 さかのやま みゆきふりにし せりかはの のへのふるみち あとはありけり
歌番1232 ささなみの しかのからさき みゆきして おほみやひとの ふなよそひせり





歌番1233 おほきみは かみにしませは みつとりの すたくみぬまを みやこになしつ
歌番1234 いそのかみ ふりにしならの みやこにも いろはかはらす はなさきにけり
歌番1235 みわたせは やなきさくらを こきませて みやこそはるの にしきなりける
歌番1236 やまかくす かすみそはるは うらめしき いつれみやこの さかひなるらむ
歌番1237 ふちなみの はなはさかりに なりにけり ならのみやこを おもほゆはきみ
歌番1238 いつしかも みやこにゆきて たけくまの まつをみつとも ひとにかたらむ
歌番1239 みやこひと いかにととはは やまたかみ はれぬくもゐに わふとこたへよ
歌番1240 みやこちを とほみやいもか このころは うけひてぬれと ゆめにみえこぬ
歌番1241 わたつみは みやここそりて いにけらし よをうちやまの かみもみなくに
歌番1242 けにしみに またもけぬへし はるかすみ かすめるかたを みやことおもへは
歌番1243 あをによし ならのみやこは さくらはなの にほひのことく いまさかりなり

都鳥

歌番1244 なにしおはは いさこととはむ みやことり わかおもふひとは ありやなしやと
歌番1245 めつらしく なきもきたるか みやことり いつれのそらに としをへぬらむ
歌番1246 わひひとの すみふるやとは みやことり ことつてたえて としそへにける
歌番1247 ふなきほふ ほりえのかはの みなきはに きゐつつなくは みやことりかも

百敷

歌番1248 ももしきの おほみやひとは おほけれと わかおもふひとは ことにそありける
歌番1249 やまかはの おとにのみきく ももしきを みをはやなから みるよしもかな
歌番1250 しらつゆは おきかはれとも ももしきを うつろふあきは ものそかなしき
歌番1251 わかるれと あひもおもはぬ ももしきを みさらむことや なにかかなしき
歌番1252 ももしきの おほみやひとは あめつちと つきひとともに よろつよにかも
歌番1253 ももしきの おほみやひとの たまほこの みちにもいてぬに こふるこのころ
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古今和歌六帖 原文 第一帖... | トップ | 古今和歌六帖 原文 第二帖... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古今和歌六帖」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL