Taketa Church Blogー 日本キリスト教団竹田教会のブログー

大分県竹田市竹田にある日本キリスト教団竹田教会などについて牧師 尾崎明が書くブログです。

説教題「エジプトへの避難」より

2009年12月29日 | Weblog

12月27日(日)の日本キリスト教団竹田教会の礼拝の説教をもとにして

説教題「エジプトへの避難」, 説教者 日本キリスト教団竹田教会牧師 尾崎明, 

聖書「マタイによる福音書」2章13-15節.

----------

  聖書の言葉

占星術の学者たちが帰って行くと、主の天使が夢でヨセフに現れて言った。「起きて、子供とその母親を連れて、エジプトに逃げ、わたしが告げるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている。」  ヨセフは起きて、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトへ去り、ヘロデが死ぬまでそこにいた。それは、「わたしは、エジプトからわたしの子を呼び出した」と、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。

------------

   「マタイによる福音書」 の2章13~21節には 生まれたばかりの御子が父ヨセフ母マリアと共に エジプトに避難したことが記されています。きょうは そのなかの2章13-15節に注目したいと思います。

  ヨセフは 神さまが使わした天使の言葉を夢のなかで聞きました。そして 夜のうちに 子供とその母親を連れて エジプトへと逃げました。ここで教えられることは 神さまの言葉どおりにヨセフはすぐ実行し 危機一髪で助かったことです。旧約聖書の「創世記」にあるように、ノアは神さまの声のとおりに山の頂上に大きな船を造りました。そしてノアと家族は救われました。 

 ヨセフのように、 神さまからの言葉があったら 素直に 実行したいものです。わたくしたちは日曜日ごとの礼拝で 神さまの言葉である聖書の言葉を通して神さまの御心を正しく聴いて実行していきたいものです。

-------------

聖書の言葉は(C)共同訳聖書実行委員会 (C)財団法人 日本聖書協会 「新共同訳聖書」より引用しています。日本聖書協会の「今日の聖句」 。)

大分県竹田市竹田にある日本基督教団竹田教会のホームページhttp://taketa.church.jp/

         (写真は尾崎明 2008年6月 撮影)


この記事をはてなブックマークに追加

彫刻などの「聖家族」ーイスラエルの旅の写真よりー

2009年12月26日 | Weblog

Merry Christmas   写真はイスラエルの旅での教会のドアの彫刻などの「聖家族」。イスラエルにて尾崎明 2008年6月 撮影。

-----------

12月24日(日)の日本基督教団竹田教会のクリスマス・イブ礼拝の説教をもとにして

説教題「救い主がお生まれになった」, 説教者 日本キリスト教団竹田教会牧師 尾崎明, 聖書「ルカによる福音書」2章8-21節。 19時より。

 クリスマスおめでとうございます。

  神さまはアブラハム、モーセ、多くの預言者たちを地上に派遣されました。しかし 人間は神さまの救済を受け入れませんでした。そこで 神さまは人間を救うために、御子イエス・キリストを地上に派遣してくださいました。神さまご自身が人間の姿になって地上に降りてきてくださいました。十字架による死による人間救済をご決意されて。救い主のご降誕をお祝いする。それが クリスマスです。

 孤独のなかにいる 病いのなかにいる 救いを求めている 皆さま方のうえに あなたに あなたにこそ 救い主イエス・キリストのご祝福が豊かにありますようにお祈りします。



聖書の言葉

その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。 すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。天使は言った。

「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。 あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」

すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。

「いと高きところには栄光、神にあれ、 地には平和、御心に適う人にあれ。」

天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。 そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。 その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。 聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。 しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。

--------------------

教会員 求道者 近所の方 小羊保育園職員など27人で礼拝をまもりました。

Merry CHristmas 2009, Taketa Church In Japan

クリスマスのご案内 竹田教会のクリスマス 園クリスマス  小羊保育園クリスマス

聖書の言葉は(C)共同訳聖書実行委員会 (C)財団法人 日本聖書協会 「新共同訳聖書」より引用しています。日本聖書協会の「今日の聖句」 。)

大分県竹田市竹田にある日本基督教団竹田教会のホームページhttp://taketa.church.jp/
            小羊保育園のホームページhttp://www.ans.co.jp/n/o-kohitsuji/


この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス・イヴ・キャンドル礼拝

2009年12月25日 | Weblog
 クリスマス・イヴ・キャンドル礼拝が 12月24日(木)19時より日本基督教団竹田教会でありました。 説教者は尾崎明牧師。 説教題は「救い主がお生まれになった」。場所は 大分県竹田市竹田 (小羊保育園の隣り)でした。26人が出席しました。

大分県竹田市竹田にある日本キリスト教団竹田教会のホームページhttp://taketachurch.jp/ 


聖書「ルカによる福音書」2章8-21節。 日本聖書協会の新共同訳聖書より。

 聖書の言葉

    その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。 すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。 あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」 すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。

   「いと高きところには栄光、神にあれ、  地には平和、御心に適う人にあれ。」

   天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。 そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。 その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。 聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。


この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスの聖書の言葉

2009年12月23日 | Weblog

クリスマスの聖書の言葉をご紹介します。

 クリスマス・イヴ・キャンドル礼拝 

   12月24日(木)19時 説教者 尾崎明牧師。 

              説教題「救い主がお生まれになった」

              場所  大分県竹田市竹田 (小羊保育園の隣り)

大分県竹田市竹田にある日本キリスト教団竹田教会のホームページhttp://taketachurch.jp/ 


聖書「ルカによる福音書」2章8-21節。 日本聖書協会の新共同訳聖書より。

 聖書の言葉

    その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。 すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。 あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」 すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。

   「いと高きところには栄光、神にあれ、  地には平和、御心に適う人にあれ。」

   天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。 そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。 その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。 聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。

--------------

大分県竹田市竹田にある日本キリスト教団竹田教会のホームページhttp://taketachurch.jp/ 

 


この記事をはてなブックマークに追加

Merry CHristmas 2009, Taketa Church In Japan

2009年12月20日 | Weblog

きょう10時より日本キリスト教団竹田教会で2009年度クリスマス礼拝と祝会がありました。 

説教は尾崎明牧師  説教題は「神に栄光 人に平和」でした。

クリスマス礼拝と祝会にアメリカから日本に来て学校で英語を教えている青年が出席されました。

難問が山積している世界ですが クリスマスの礼拝と祝会で国際的友好をふかめることができ感謝でした。手作りのごちそうを食べ 楽しく交流しました。アメリカを始め 世界中の教会のクリスマス礼拝と祝会に祝福がありますように。どの国の方々とも いろいろな難問を理解しあえますように。

-------------

 「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。」(日本聖書協会 新共同訳聖書「ルカによる福音書」2章10節-11節)

 “きよしこの夜 星はひかり、救いのみ子は まぶねのなかに ねむりたもう、やすらかに”(「日本キリスト教団出版局発行 讃美歌21の264番」)

 神さまは人間を救うために、御子を地上に派遣してくださいました。皆様方のうえに救い主イエス・キリストのご祝福が豊かにありますようにお祈りします。

どうぞ よいクリスマスをお迎えください。

 Merry  CHristmas  2009, Taketa  Church  In Japan 

 home page   http://taketa.church.jp/



 


この記事をはてなブックマークに追加

基地問題をアメリカのキリスト教会の良心に訴える

2009年12月19日 | Weblog

キリスト教会は今年のクリスマスに 社会と人の抱える あらゆる課題について 祈りつつ取り組んで行かなければいけないと思います。わたくしは沖縄での研修を生かして 沖縄にあるアメリカ軍基地問題を牧師として考えています。アメリカのキリスト教会の良心に訴えると打開するのではと期待しています。

   「沖縄の旅」に参加して   尾崎 明

第10回日本キリスト教団九州教区「沖縄の旅」に2008年3月5日(水)から7日(金)まで参加しました。私は初めて沖縄に行きました。参加者は8人でした。沖縄キリスト教センターの宜野湾(ぎのわん)セミナーハウスを拠点にして研修しました。                                                                     

第1日目3月5日(水)は 集合場所の那覇空港を14時に出発して 志真志伝道所の望月智牧師の運転で18時まで いろいろなところを訪ねました。まず宜野湾市上原にある佐喜眞美術館を見学しました。館長の佐喜眞道夫氏より 展示されている「沖縄戦の図」( 丸木位里・俊作)の解説などを修学旅行生とともに聞きました。 早速 私は 佐喜眞美術館発行の本「沖縄の心を」を買い求め読みました。 佐喜眞美術館の屋上から美術館周辺の説明を受けました。次に「道の駅かでな」から「米軍嘉手納飛行場」を見、また宜野湾市にある「嘉数高台戦場跡」に登り、「米軍普天間飛行場」を見ました。セミナーハウスで 19時より うるま伝道所の西尾市郎牧師から平和についての講演を聞き、セミナーハウスで西尾牧師と「沖縄の旅」参加者とが交流のときを24時まで持ちました。

第2日目3月6日(木)は セミナーハウスのスタッフの案内で「辺野古」に行きました。その後 うるま市石川にある石川教会で村椿嘉信牧師と教会員の方の戦争中の証言などを聞きました。19時よりセミナーハウスで 沖縄中央教会の金城重明牧師から自著(「集団自決」を心に刻んでー沖縄キリスト者の絶望からの精神史ー)にもとづく講演を聞き 研修しました。

第3日目3月7日(金)は セミナーハウスで研修の感想や報告の時を持ち、11時よりセミナーハウスのプログラムスタッフの運転で読谷町にある壕跡「チビチリガマ」を見学しました。また 後藤聡牧師の案内で読谷町にある「恨(ハン)の碑」を見ました。その後「座喜味城跡」に行きました。そして那覇市内で「沖縄の旅」は解散しました。

私は次の日のために 那覇市内のホテルに宿泊しました。翌日の8日(土)は8時にホテルを出発し ホテルで紹介してもらった観光タクシーに乗って 「平和の礎(いしじ)」, 「平和祈念公園」, 「ひめゆりの塔」, 保育園, 首里城公園, 教会, 識名園を回りました。

この4日間の九州教区「沖縄の旅」のために 時間と労力をさいて奉仕してくださった沖縄の多くの方々の 誠実さに感動しました。「沖縄の旅」で 沖縄の抱えている課題を自分たちの祈りの課題としなければいけないことを教えられました。「沖縄での研修」を生かして仕事をしたり生きていかなければと痛感しました。
   (大分県竹田市竹田にある日本キリスト教団竹田教会牧師 )

         http://church.jp/taketa/

Img_1742_2

沖縄キリスト教センターの宜野湾(ぎのわん)セミナーハウスの写真

Img_1753_3

ひめゆりの塔周辺の写真

Img_1756_3 平和の礎(いしじ)の写真

Img_1755_2 平和祈念公園の写真

Img_1767

写真は首里城公園の近くにある聖公会の教会。大きな鐘があり説明の看板がありました。


この記事をはてなブックマークに追加

今年の保育園のクリスマス

2009年12月15日 | Weblog

Img_6620 Img_6618_4 Img_6617 Img_6626_3 Img_6627_3 Img_34785_31599066_10

Img_6438_2 Img_6509 Img_6538_2 Img_6541 Img_6548 Img_6582 Img_6589 Img_6591 Img_6601 Img_6655 Img_6656 Img_6659

12月12日(土)午前 大分県竹田市竹田にある小羊保育園でイエス・キリストのご降誕をお祝いするクリスマス会がありました。

第1部はクリスマス礼拝。こども讃美歌「とおいとおいむかし」「おほしがひかる」と園長によるクリスマスの聖話。

第2部はクリスマス祝会。園児の歌・合奏・手あそび・リズム・劇・聖誕劇「いちばんはじめのクリスマス」、職員のダンス、そしてサンタクロース登場。(撮影 園長 尾崎明)

小羊保育園のホームページhttp://www.ans.co.jp/n/o-kohitsuji/

日本キリスト教団竹田教会のホームページhttp://taketa.church.jp/


この記事をはてなブックマークに追加

12月6日と13日の説教より

2009年12月14日 | Weblog

12月13日(日)の日本キリスト教団竹田教会の礼拝の説教をもとにして 

説教題「 神は我々と共におられる」, 説教者 日本キリスト教団竹田教会牧師 尾崎明, 聖書の言葉「マタイ福音書」1章22-25節 

本日の礼拝は待降節第3主日の礼拝で、日本キリスト教団竹田教会の礼拝の聖書の言葉に注目したい。

 「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」

 この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。(「マタイ福音書」1章22-23節)

新型インフルエンザ問題や地球温暖化問題をはじめや山積みの難問を抱えたなかで迎える2009年クリスマスに 救い主イエス・キリストの父なる神さまが わたくしたちとともにおられるようお祈りしたいと思います。

  「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。

     この方こそ主メシアである。」(日本聖書協会 新共同訳聖書「ルカによる福音書」2章10節-11節)

 きよしこの夜 星はひかり、救いのみ子は まぶねのなかに ねむりたもう、やすらかに(「日本キリスト教団出版局発行 讃美歌21の264番」)

神さまは人間を救うために、御子を地上に派遣してくださいました。皆様方のうえに救い主イエス・キリストのご祝福が豊かにありますようにお祈りします。 

どうぞ よいクリスマスをお迎えください。12月20日(日)10時からのクリスマス礼拝・祝会と24日(木)19時からのクリスマス・イヴ・キャンドル礼拝にご出席ください。いっしょに 励ましあい、救い主ご降誕の意味を味わいましょう。

  --------------------

12月6日(日)の日本キリスト教団竹田教会の礼拝の説教をもとにして 

説教題「救い主イエス・キリスト到来」, 説教者 日本キリスト教団竹田教会牧師 尾崎明, 聖書の言葉「マタイ福音書」1章18-22節

 昨晩の寒さはとても厳しいものでした。その厳しさと同じように 社会と人間のかかえている諸課題・難題も厳しいものです。新型インフルエンザ・地球温暖化問題など。

 2000年前の ヨセフは厳しい問題を抱えていました。マリアとひそかに縁を切ろうと決心したと19節にあります。

   このように考えていると 主の天使が現れて ヨセフを励ましました。

「マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」

 ヨセフはマリアを再び迎え入れました。

   我々も厳しい諸難題を抱えています。しかし聖書の言葉は励ましています。勇気をもって この待降節と年末に厳しい現実に向かっていきましょう。救い主イエス・キリスト到来であるクリスマスを迎えましょう。

--------------

聖書の言葉は(C)共同訳聖書実行委員会 (C)財団法人 日本聖書協会 「新共同訳聖書」より引用しています。日本聖書協会の「今日の聖句」 。)

大分県竹田市竹田にある日本基督教団竹田教会のホームページhttp://taketa.church.jp/


この記事をはてなブックマークに追加

説教題「救い主イエス・キリスト到来」

2009年12月08日 | Weblog

12月6日(日)待降節第2主日の日本キリスト教団竹田教会の礼拝の説教をもとにして 

説教題「救い主イエス・キリスト到来」, 説教者 日本キリスト教団竹田教会牧師 尾崎明, 聖書の言葉「マタイ福音書」1章18-22節

 昨晩の寒さはとても厳しいものでした。その厳しさと同じように 社会と人間のかかえている諸課題・難題も厳しいものです。新型インフルエンザ・地球温暖化問題など。

 2000年前の ヨセフは厳しい問題を抱えていました。マリアとひそかに縁を切ろうと決心したと19節にあります。

   このように考えていると 主の天使が現れて ヨセフを励ましました。

「マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」

 ヨセフはマリアを再び迎え入れました。

   我々も厳しい諸難題を抱えています。しかし聖書の言葉は励ましています。勇気をもって この待降節と年末に厳しい現実に向かっていきましょう。救い主イエス・キリスト到来であるクリスマスを迎えましょう。

--------------

聖書の言葉は(C)共同訳聖書実行委員会 (C)財団法人 日本聖書協会 「新共同訳聖書」より引用しています。日本聖書協会の「今日の聖句」 。)

大分県竹田市竹田にある日本基督教団竹田教会のホームページhttp://taketa.church.jp/


この記事をはてなブックマークに追加

説教題「救い主イエス・キリストの到来」

2009年12月06日 | Weblog

12月6日(日)の日本基督教団竹田教会の礼拝のご案内

 

待降節第2主日の礼拝

 

説教者 日本基督教団竹田教会牧師 尾崎明。説教題「救い主イエス・キリストの到来」。

聖書「マタイ福音書」1章18-20節。10時開始。 クリスマスの案内 

竹田教会のクリスマス   園クリスマス  小羊保育園クリスマス

(聖書の言葉は(C)共同訳聖書実行委員会 (C)財団法人 日本聖書協会 「新共同訳聖書」より引用しています。日本聖書協会の「今日の聖句」。)
大分県竹田市竹田にある日本基督教団竹田教会のホームページhttp://taketa.church.jp


この記事をはてなブックマークに追加

教会のクリスマス・クランツと庭のクリスマス・ツリー

2009年12月03日 | Weblog
救い主イエス・キリストの誕生をお祝いするクリスマスの準備として クリスマス・クランツが大分県竹田市竹田にある日本基督(キリスト)教団竹田教会の玄関につき、今晩 庭のクリスマス・ツリーにライトがつきました。小羊保育園の園児と保護者にも喜んでいただきました。

日本基督(キリスト)教団竹田教会のホームページ http://taketa.church.jp/

小羊保育園のホームページ http://www.ans.co.jp/n/o-kohitsuji/

この記事をはてなブックマークに追加

待降

2009年12月02日 | Weblog

11月29日(日)の日本キリスト教団竹田教会の礼拝の説教をもとにして
 

説教題「待降」, 説教者 日本キリスト教団竹田教会牧師 尾崎明, 聖書の言葉「マタイ福音書」1章17節

 

本日は待降節第1主日です。1本のろうそくに火がつきました。12月20日の降誕節(クリスマス)まで 祈りつつ過ごしたいと思います。

「マタイ福音書」1章17節のみ言葉に注目します。

 こうして、全部あわせると、アブラハムからダビデまで14代、ダビデからバビロンへの移住まで14代、バビロンへ移されてからキリストまでが14代である。

42代という永く待ち望んだ後に 救い主イエス・キリストが与えられたのです。新型インフルエンザが早くおさまりなくなるよう祈りつつクリスマスを迎えたいと思います。

--------------

聖書の言葉は(C)共同訳聖書実行委員会 (C)財団法人 日本聖書協会 「新共同訳聖書」より引用しています。日本聖書協会の「今日の聖句」 。)


大分県竹田市竹田にある日本基督教団竹田教会のホームページhttp://taketa.church.jp/


この記事をはてなブックマークに追加