ブログにアップして買った気になる。

ブログタイトルとは内容がかなり違ってきましたが、ほしいモノ、好きなモノなど綴っていきたいと思います。

『それでも、生きてゆく』 フジテレビ

2016年10月12日 | ドラマ、映画

2011年にフジテレビで放映されたドラマ『それでも、生きてゆく』

15年前に起こった幼女殺人事件。その被害者家族と加害者家族のその後を描いたドラマです。

事件のあと、家族がバラバラになり、悲しみと犯人への憎しみを抱えて生きている被害者家族。

誹謗中傷から家族を守るため、姓を変え、引っ越しを繰り返すも、執拗な嫌がらせに合い続ける加害者家族。

そんな中、被害者の兄 洋貴(瑛太)と


加害者の妹 双葉(満島ひかり)が

出逢うところからドラマは始まります。

正直、これ以上ないと思えるほどの重くシリアスなテーマを扱った作品なんで、第1話だけで見るのを
やめようと思っていたのですが、

瑛太と満島ひかりとの微妙にギクシャクしたやりとりが、妙に面白く引き込まれてしまいました。


人間、どんなにシリアスな場面であっても、言い回しがおかしかったり、ぎこちない仕草がコミカルに
感じるコトってあると思うのですが、そういった機微を上手く表現されていて、重い話のはずなのに
どこかコメディーを見ているような気分になりました。
(やり過ぎると不謹慎になってしまいかねない題材、その匙加減が絶妙でした。)

当初、噛み合わなかった洋貴と双葉の会話が、途中からどんどんヒートアップしていき、お互いの立場を
かなぐり捨てて、感情をむき出しにする迫真の演技。




そこに嫌がらせを行っていた張本人である被害者の母(大竹しのぶ)が加わり、鬼気迫る演技で応戦。




そして犯人の三崎文哉(風間俊介)の救いようのない、どこまでも深い闇。


ドラマの設定とか、どんな結末を迎えるのか、そんなコトよりも、
脚本と役者さんたちの演技に目が離せない、そんなドラマでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『赤いスポーツカー』 光村図... | トップ | "炎の飛龍" 藤波 辰巳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む