武子太郎の武子の一文

役者、タケシタロウの気ままな日記でございます!

アマヤドリ「銀髪」の詳細だよ!

2016-12-01 13:10:19 | 日記
さて、次に出るアマヤドリの色々な情報をたくさん載っけますね!

お得なチケット情報とかもあるから、最後まで見てみてね!




アマヤドリ本公演
 『銀髪』
 作・演出 広田淳一

2017年1月26日(木)~1月31日(火)

《会場》
本多劇場
東京都世田谷区北沢2-10-15
小田急線・京王井の頭線下北沢駅南口徒歩3分

《公演日時》
 2017年
1月26日(木) 19:30★♪
1月27日(金) 19:30★
1月28日(土) 14:00/19:00
1月29日(日) 14:00
1月30日(月) 14:00◎/19:00 
1月31日(火)  15:00
 
★・・・前半割引 
◎・・・平日昼間割
♪ ・・ ・特別なおまけ付き公演!公演パンフレットをご来場下さった皆様全員にどどーんとプレゼントいたします!

《チケット料金(全席指定)》
 【一般】 
前売り4500円 / 当日4800円
【学生】 
前売り3000円 / 当日3500円 
【高校生以下】 
前売り1500 円 / 当日1800 円 
【平日昼間/前半割引】 
前売り4300円 / 当日 4500円 
【トリオ割引】
12000円(前売り・劇団窓口のみ取り扱い)
【フリーパス】
8000円  
【学生フリーパス 】
5000円
【プレミアム・フリーパス】
12000円(アマヤドリスペシャル特典付き!)

《フリーパスとは?》
 アマヤドリの伝家の宝刀、フリーパス! 本作を何度でもご覧いただけるのに、この価格! 無理、してます。
なにせ演劇は生もの。よろしければ私たちの作品の変化/進化をフリーパスを使って一緒に体験してみませんか?
私たちが何を考え、何に向かって創作を行っているのかを存分に味わっていただければと思います。
 
《プレミアム・フリーパスとは?》
 フリーパスにさらに特典(特製フォトブック&選べる過去公演DVD(※))がついたのがこちらのプレミアム・フリーパス。 フォトブックには、キャスト全員のメッセージカードに充実の稽古風景写真などを収録! 選べる過去公演DVDには、ここでしか手に入らない未発売の過去公演DVDもご用意! そして!「アマヤドリはわしが育てた」と堂々宣言する権利がついて来ます。

※二回目以降のご観劇の際もご予約をお願い致します! ご予約がない状態でもご観劇いただけますが、満席の場合にはご覧いただけないことも御座いますので、何卒、ご予約お願いします!

《ご予約》
ご自身のアドレスなどお願いしますー
 
《ごあいさつ》
 
カウントダウンを銀髪と
 
『銀髪』はひょっとこ乱舞時代の劇団の代表作だ。平穏な日常を過ごす人々にささやかな混乱を提供する「パニック・ビジネス」というアイディアを集団の熱狂と共に描いた。当時、とんでもないテンションで無我夢中になってこの作品を書いたことを覚えている。熱狂を舞台上に乗せるためには、偶発的に起こる混乱をひとつの必然にまで高めるような技術もまた必要なわけで、今、劇団として、ようやくそういったことにもう一度挑むだけの力が備わってきたと感じている。結成15周年の最後を、思いっきり前のめりの挑戦的な作品で締めくくってやろうと思う。ぜひ、立ち会ってやってください。
 
アマヤドリ 作・演出・主宰 広田淳一
 
《あらすじ》
 大晦日の夜、脱サラして路頭に迷う維康(コレヤス)は、屋台のラーメン屋に突然あらわれた怪しげな男達に拉致される。その日から彼は、退屈な日常にささやかな混乱と不安をお届けするパニック専門のベンチャー企業「踝(くるぶし)コンドル」の一員となった。元帥・船場種吉(センバタネキチ)を中心にビジネスを展開する彼らは、様々な形式でパニックを売りさばき、やがて国民的支持を得て巨大企業へとのし上がっていった。苛烈な反対運動にも関わらず次第にエスカレートしていく狂乱の中、ついに彼らの社運を賭けた一大イベント、「ノストラドン」が始動する——。

《キャスト》
 笠井里美 倉田大輔 渡邉圭介 小角まや 榊菜津美 沼田星麻 中野智恵梨
石本政晶 相葉るか 相葉りこ 一川幸恵 宮崎雄真 中村早香(以上、アマヤドリ)
 
小菅紘史(第七劇場) 伊藤今人(ゲキバカ/梅棒) 谷畑聡(劇団AUN)
武子太郎(クロムモリブデン) 秋本雄基(アナログスイッチ)
 
遠藤杜洋 大塚由祈子 菊池鴻良 飯野愛希子 毛利悟巳
古澤美樹 根岸はるか 飯田紘一朗 門前竣也 他

《アマヤドリとは?》
 2001年に「ひょっとこ乱舞」として結成。2012年に「アマヤドリ」へと改称。広田淳一によるオリジナル戯曲を中心に、現代口語から散文詩まで扱う「変幻自在の劇言語」と、クラッピングや群舞など音楽・ダンス的な要素も節操なく取り入れた「自由自在の身体性」を両輪として活動。リズムとスピード、論理と情熱、悪意とアイロニー、とか、そういったものを縦横に駆使して、「秩序立てられたカオス」としての舞台表現を追求している。
 

 《お問い合わせ》
 TEL:090-2936-2116(劇団)
E-MAIL:info@amayadori.co.jp
Web :amayadori.co.jp
twitter:@amayadorix
facebook :www.facebook.com/amayadorix
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事後考察 | トップ | いや、ほんとさ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。