風と僕の歩調

釣りが好きで、台所に立つ事が好きで、音楽が好きで、毎日の暮らしの中で感じたことを僕の言葉で綴ります

娘のターゲットは「ガー」という魚

2017年06月25日 | 釣りのお話
ある日の朝、娘が「今日学校の研修で釣り行って来るんだ!」と、話し掛けてきたのです。
娘から話し掛けられるなんぞ朝から良い日になりそうだと思いながら、
何釣りに行くの?と尋ねたら
「沼でガー」と返ってきました。
僕は、バスのような外来魚なんだろうと思いながら家を後にしたのです。
昼頃、娘の釣果が気になり、魚の名前を忘れ「ギー」釣れた?とラインしたら
暫くして「ガー」とだけ返ってきました。

その日の夕食時「ギーじゃなくてガーだから」と名前を間違えた事を指摘され
釣れなかった報告を受けました。

数日後、今度はラインで
今度の金曜日また行くから釣り竿と網貸してと!送られてきました。
別に良いけど網は海釣り用の網目が広い大きな魚用だから小さい魚はすり抜けちゃうよと
文字を入力中、ふと娘が「ガー」「ガー」言っているのが、どんな魚なのか調べることにしたのです。




こんな奴でした!
お父さんは驚きました
君はこんなどでかい恐ろし気な魚を釣ろうとしているのね。

思わず、
「目が広い大きな魚用だから小さい魚はすり抜けちゃうよ」の部分を消去しまして
凄い魚だね!と送ったのです。

その沼には、ペットで飼っていた誰かが育てきれなくなってその沼に放してしまったのだろうとの事。
90cmほどのがいるとの情報も。
許可を得て捕獲する体験をしているのだそうな。

調べると、原産地は北米中~南部のメキシコ湾に注ぐ水系。湖沼や流れの穏やかな川を好む北米最大の淡水魚。
「アリゲーターガー」と言います。

釣り前夜、ワニのような奴と戦う娘に、僕が持っている一番大きな針と大魚を釣る仕掛けを用意しました。

夕方、ラインしたところ(原文ママ)
父「釣れた?」
娘「亀二匹釣り竿で釣った」
父「おおっ」
娘「あと網が壊れた」
父「お父さんまだその網買ってから使ったことないのに~」
娘「ごめんなさいと、学校が謝ってた」

学校が謝るとはどういう事情だったのか思いを膨らませたけど、どうやらガーは釣れなかったとの事。

その後ネットでこんな記事を見つけまして娘と共有しました。

横浜でアリゲーターガーを釣って食べた


さて、今後どのような展開になるのかなぁ。
お父さんは楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャパンフィッシングショー 2017 みなとみらい パシフィコ横浜

2017年01月21日 | 釣りのお話
一週間ぶりのこんにちは!

http://www.fishingshow.jp/
さて、今から横浜まで行って来ます!
音楽も好きだけど、釣りも好きです。
京浜東北にのんびり揺られ終点までの旅。

そのあと、
サントリーホールで、デビュー25周年記念横山幸雄ピアノ・リサイタル

今日は趣味三昧!
楽しんできます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜釣りの釣果 木更津港にて

2015年08月16日 | 釣りのお話
昨日のお話です。
餌を買い、竿を磨いて、仕掛けを点検して、大きなクーラーボックスを車に放り込み
決意表明を込めてブロクを更新した後、肴を求めていざ出発いたしました。

外は高温注意報もなく積乱雲浮かぶ青空のもと、
アクアラインを疾走し程なく木更津に辿り着いたのです。

港に近い宮川丸で餌を買い求め、竿出し時間は5時頃かなと描きながら
弾む心を抑え運転しいたら、思わぬ渋滞に巻き込まれてしまいました。

交差点にはお巡りさんも立ち交通整理をしています。

なんだ、なんだ、この渋滞は・・・。
何かあったのかな・・・。

と、思う間もなく運命の看板に出会ってしまいました。

『木更津花火大会のため17:30から車両通行止め』

良く見ると、老若男女、浴衣姿の女の子も目立ちます。

木更津の住民が民族大移動の如く、僕たちの今日の釣り場へ向っている様子が伺えました。

あのですね。
餌を買い、竿を磨いて、仕掛けを点検して、大きなクーラーボックスを車に放り込み
決意表明を込めてブロクを更新て海のない埼玉から遥々アクアラインを疾走してやって来たのです。

港は木更津だけじゃない!のに、
何故今回の釣行を木更津にしてしまったのだろう。

自問自答を繰り返しながら、
花火を堪能してきました










コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

『本牧海釣り施設』

2014年08月24日 | 釣りのお話
『本牧海釣り施設』に続く最後のコーナーを回ると、
湧いて出てきたような長蛇の列。
開園10分前、5時50分の出来事でした。

放送で500人近く並んでいるとのこと。
夏休みなのか家族連れの多いこと。
 

思い描いていた沖桟橋での釣行は諦めました。

でね、結論から言うと、どの場所で釣っても同じでした
今日はお魚さん泳いでこの施設まで訪ねて来なかっのです。

本当は、大きな鯵とか、鯖とか狙っていたんだけどさ。



さて、氷の下には何がいるのでしょうか?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『江戸前アナゴの天丼』を作ります!

2013年12月29日 | 釣りのお話
昨晩から、東京湾で夜釣りを勤しんで参りました。
満天の星空を仰ぎながら、羽田空港に離着陸する飛行機の灯を眺めながら、
極寒の中、耐えに耐えて普通の穴子2匹、巨大穴子1匹を釣り上げてきたのです。



まな板に載せて、



尾っぽは、




さて、今から天丼を作ります
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

釣り人の心

2013年11月03日 | 釣りのお話
今まで仕掛けを替えても、棚を変えても釣れなかったのは、
僕の邪心が原因だったのかと『アイゴ』を釣り上げた後、ふと過ったのです。

それからは、浮きを凝視するのを止めました。

そして、やっと風光明媚な風景を眺め、磯の香りを胸いっぱい吸い込み、
繁多な日常から逃れてきたこの時間の大切さを噛みしめたわけです。


「・・・・・・

僕の浮きがない。

どこにもない。


慌てず置き竿を平常心で上げると、確かな感触が伝わって来ました。

このお方です。



丸々とお太りになった30㎝オーバーの『メジナ』君でした。


白い画用紙に絵を描くように、魚と対峙するときは真っ白な心境でないと改心しました。
最初から、何枚もの刺身と煮付けとお酒の絵を描きあげておりました。



こんな絵をね




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『アイゴ』と言います

2013年11月02日 | 釣りのお話
今回の仕掛けは、遠投浮きを使った『カゴ釣り』でした。

こんな仕掛けで、



沖合30m~40m豪快に飛ばし遠くの浮きを眺めているわけです。

景色何ぞ見向きもしません。
頭の中を真っ白にして、良い景色を眺めてなんぞいません。

目をぎらつかせ、大物が釣れる妄想の世界で浮きの沈みを凝視していたわけです。

でも、その緊張感は長くは続きません
疲れはて、竿を置き他の釣り人を暫し眺め目を元に戻すと、いつの間にか浮きが見当たりませんでした。

あれ?俺の浮き何処へ?とリールを巻くと、

恐ろしいほど強い衝撃が伝わってきたのです。





まな板左右いっぱい35㎝です。

『アイゴ』君と言います。

こいつ、背鰭・腹鰭・臀鰭の棘に毒を持っているツワモノです。


竿を置くと釣れました。

多分、刺身にして喰うぞ!、煮付けにするぞ!と、
渦巻く邪心が仕掛けを通じて魚さん達まで伝わっていたのでしょう。

その後、ひたすら邪心を抑えるのが釣れる秘訣と思い込み浮きを見ないように心がけたのです。

そおしたらさ・・・・。       


                                つづく
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの釣行でした!

2013年10月26日 | 釣りのお話
先週更新できなかったのは、やっと一日夏休みを頂きまして出掛けてきたからなのです。
何をしに出かけたかと申しますと。

竿を担いでクーラーボックス持ってね。
少年の様な弾む心で家を後にした訳です。

話は変わりますが、良い仕事をするには、
意識しながら工夫して時間を作り、一度頭から仕事を消し去り、
真っ白いキャンパスにした状態で、

音楽を聴くのも良し、美術鑑賞も良し、
景色を見て癒されるのも良し、スポーツも読書も良し!

僕の場合、この海をみて脳みそクリーニングをして来た訳だ。



実は周知の通り、ここ数年苦汁を飲んで結果を出せずにいました。
このブログで釣りの話を紹介すると、言い訳ばかりでネタが尽きてしまっていたし、
家族は交通費とガソリン代の合計分、美味しい魚を買ってきておくれと言い出す始末。
いわば信頼と信用の失墜状態だったのです。

釣果のほどはね。

久しぶりに竿にビビッとお魚さんの躍動を感じてきました。

まずは、トップバッター

「平ソウダカツオ」君です。



このお魚、下に潜ろうとしません。ひたすら海面を走る走る!

引きの醍醐味を味わいました。

    つづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竿先以外を見るとね・・。

2012年12月05日 | 釣りのお話
視線を感じ、竿先から目の位置を移動すると
富士山がこちらを見ておりました。



釣れますか?と尋ねられました。



釣りは良いなあ~

釣れなくても富士山と会話できたし
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

竿先の機微・・・・。

2012年12月05日 | 釣りのお話
先日、釣りに勤しんで来ました。

竿先の敏感な動きに周りの風景は見えません。

とは、言うものの鮒釣りではないので置き竿ですが

このアングルとても気に入ってます。



真冬の汐風に吹かれながら物思いに耽りました。

釣りはどうでもよいのさ

負け惜しみです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加