(有)花沢不動産

趣味の話など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小豆島の虫送り

2017-07-11 | 一寸お出かけ(四国)
2012年に日本アカデミー賞を受賞した映画「八日目の蝉」は、香川は
小豆島を舞台にしていますが、夏の夜の棚田で松明を灯して沢山の
人々が畦道を歩く、伝統行事と思しきシーンが印象的でした。

小豆島で古くから行われている「虫送り」と称する行事だそうですが、
棚田で知られる中山地区の虫送りは、一時途絶えていたものが、
まさに映画をきっかけに復活したとのことです。

行事に際し、小豆島中央病院から送迎のマイクロバスが出ていますが、
あえて往路は土庄港から路線バスに乗り、直接現地に行ってみました。
バス停「春日神社前」で降りると、イイ感じの茅葺きの建物に、棚田
の下のほうには謎のオブジェ?



指定の観覧場所には、棚田のすさまじい傾斜を登っていきます。
とても一度には登りきれず、数十m歩いては休憩、の繰り返しです。



参加者は、棚田の中腹にある神社と寺院に二か所からスタートして
松明に火を灯していきます。地元の人だけでなく、多数の観光客も
参加しています。



夏の夜の幻想的な光景です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遅咲きのあじさい見物 | トップ | 佐用町のひまわり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

一寸お出かけ(四国)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。