打倒!破廉恥学園(改)

ブログのお引っ越しです。旋風寺武流PLが意味もなくただ、だらだらと書き散らかすブログです。

『アトムザ・ビギニング』第一話感想

2017-04-18 21:05:59 | 徒然
原作は一巻だけ読みました。超文系の私にはかなりレベルが高い会話が多く、結局次の巻には手が出なかったのですが……。

アニメ版はとてもおもしろかったです。内容の前に第一話のサブタイトルが良かった。「鉄腕起動」ですよ。このフレーズに痺れました。そして話も若干、原作と変えていますね。お茶の水博士(ひろし)の妹は原作ではしゃべらない子なのですが、アニメでは冒頭からすでに話しています。やはり映像となると話さないと間が持たないんでしょうね。

天馬午太郎。得意げに語りだすとカラ松になる。しかし天馬博士は『鉄腕アトム』の頃から自信家でエキセントリックでしたから、若い頃はあんな感じだったんじゃないかな、と思ったり。

ラストに天馬とお茶の水の二人が鼻を揉むシーン。原作にもあったシーンなのにアニメになると妙にBL臭くなるのはなぜだろうか。やはり声が入ると一味違うんでしょうな。

もう一度原作を紐解いてみるのもいいかな、と思いましたとさ。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さらば、冬 ついに我が部屋... | トップ | PS4でAmazonプライム »

コメントを投稿

徒然」カテゴリの最新記事