打倒!破廉恥学園(改)

ブログのお引っ越しです。旋風寺武流PLが意味もなくただ、だらだらと書き散らかすブログです。

『こち亀』を看取る

2016-09-19 22:06:37 | 徒然
電子書籍版のこち亀最終巻を読みました。

うん、こういう最終回にしたか。なんでしょうね非常にメタフィクションな終わり方でした。この終わり方だとまた別の形でこち亀をやるんじゃないかな、と思ってみたり。

それにしても40年続いたか。すごいなあ。時事ネタを取り入れていたから、こち亀は風俗史の史料にもなります。ネットカフェで最初から読んだりしましたが、よく「こち亀は100巻までだ」という意見をネットで耳にしますが個人的にこち亀の低調期は京都を舞台にした話が多くなった頃じゃないかな、と考えます。京都の話はあまり面白いとは思えなかったな。

現在、GYAOでアニメこち亀が期間限定で無料配信されています。BGM代わりにずっと垂れ流しているのですが、アニメのこち亀は特殊刑事の出番がかなり多いですね。やはりアニメ、子供受けする特殊刑事を前面に押してきたか。先日のスペシャルアニメもやはり特殊刑事の出番があったしな。

さらにアニメ版はお色気シーンが多めです。実にうれしい! 時期的に原作も巨乳化が著しい時期だったからかな。アニメは輪にかけてお色気が多いです。日曜日のゴールデンタイムにこういうアニメがやれたってのも、時代だなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『真田丸』第三十七回感想 | トップ | 九州のしょうゆ »

コメントを投稿

徒然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。