打倒!破廉恥学園(改)

ブログのお引っ越しです。旋風寺武流PLが意味もなくただ、だらだらと書き散らかすブログです。

いい奴、バンホーさん

2017-07-17 14:50:44 | 徒然
現在abemaTVでドラえもんの映画を放映しています。

昨日は『ドラえもん のび太と竜の騎士』をやってました。この竜の騎士、観るのは小学生の頃ぶりでした。当時の私はこの作品をあまり面白いとは思っていなかったのです。

理由はわかります。他のドラ映画はポセイドンとかギガゾンビのような絶対的な敵が存在していました。しかしこの作品には明確な敵が出てこないからです。だから子どもの私が見てもいまいちスッキリしないというか、消化不良な気分になってしまったのだと思います。

しかし昨日観てみたら、そのあまりの面白さに興奮してしまいました。ドラ映画の中では派手さはないけど恐るべき完成度ですよ。いいミスリーディングが入るんですよ。話の途中まで、恐竜人の目的が「地上にいる人類を滅亡させること」とのび太たちも視聴者も騙されるのです。でも実は過去に戻って自分たちの先祖の恐竜たちを滅びから守ることが目的だったのです。

だからこの作品、悪人が登場しないんですよね。ラストはドラえもんがポップ地下室で作った地底空間に生き残った恐竜たちを移動させるのですが、その際にのび太たちは「桃太郎印のきびだんご」を使っています。これは食べた動物をおとなしくさせる道具です。そのきびだんごを食べた恐竜たちの子孫が恐竜人なわけで、彼らが温厚で理性的なのはそういう事情があるのかなと思ったり。カッパ一族のような恐竜を食べる種族もいるけど、あれは肉食系恐竜の子孫なんじゃないかな。

そんな風に色々と考えさせてくれる傑作でした。うーん、大人になるとやっぱり見方も考え方も変わるんだな。

あとEDの「友達だから」はのぶ代ちゃんの声もあいまって、ちょっぴり泣きそうになりました。嗚呼、ドラちゃん。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がっかりau | トップ | とんかつのセレナーデ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。