打倒!破廉恥学園(改)

ブログのお引っ越しです。旋風寺武流PLが意味もなくただ、だらだらと書き散らかすブログです。

だし茶漬け、出る

2017-04-25 21:04:51 | 徒然
夕飯を外で食べての帰り道。スーパーにふらりと立ち寄る。アイスコーヒー用のシロップが欲しかったからだ。

すると乾き物コーナーで「だし茶漬け」を発見。永谷園んのお茶漬けの素シリーズに、だし茶漬けまさかの参入か。こりゃ食べんと、食べんと。とはいえ夕飯は食べた。でもだし茶漬け食べたい。ええい、ままよ!(←若い人はわからないと思う)半額になっていたパック詰めのご飯も購入することに。

帰宅後、すぐにお湯を沸かしご飯をレンジにかける。

パッケージを開封。味はさけ、天茶、うめ、のり4つの味が2袋づつ入っていた。食べたことのない天茶で攻めようと思ったが、すでに夕飯を食べているのでオーソドックスなのりで落ち着いていくことにしよう(←この理論、若干無理があるな)。

レンジで温まったご飯を丼に移し、のりをご飯の上にあける。強烈な鰹節の香りがした。そこに熱いお湯を注ぐ。お茶漬けの素は粉茶が入っているのでお湯だけでよい。我が母はきちんと緑茶を淹れてからお茶漬けを作っているが、あれはあれでいいのだろう。このだし茶漬けの素は、粉茶ではなく茶色い粉末状のものが入っている。これがだしとなるのだろう。湯をかけたら、鰹節の香りがさらに強まった。

レンゲで食べる。う、うまい。普通のお茶漬けが普段着ならこのだし茶漬けは余所行きの味。初めて食べたからかこれだけでちゃんとした一食になっている気がした。夕飯をすでに食べたあとに食べたからだろうか?

しかし美味しい。かつおだしの旨味がガツン!と来る。リピート決定。
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わ〜お!ケンちゃん(リアル版) | トップ | 舌禍とユーモア »

コメントを投稿

徒然」カテゴリの最新記事