よろず戯言

テーマのない冗長ブログです。

食べ放題で胃もたれ

2016-11-02 00:21:58 | 日記・エッセイ・コラム

先週の土曜の夜。

息子と焼肉チェーン店の食べ放題へと行った。

本来うどんチェーン店なのだが、なぜか焼肉店も展開している。

最近やたらと、その焼肉チェーン店のラジオCMが耳に入る。

「秋はスタミナ、焼き牡蠣フェア開催!食べ放題もやってます!」

そんな謳い文句のラジオCMだ。

 

牡蠣に目のない自分。

涼しく過ごしやすい季節が瞬く間に終了し、すっかり肌寒くなった今、牡蠣の美味い季節到来だ。

今季初牡蠣を、焼き牡蠣で、食べ放題で迎えるのもいいじゃない!

そんなわけで、この秋のうちに、その焼肉チェーン店へ行くことに決めていた。

息子も牡蠣食べ放題に乗って来たので、土曜日の夜に行って来た。

 

この焼肉チェーン店では、食べ放題は値段によって注文できるメニューが異なってくる。

最高ランクだと黒毛和牛食べ放題なのだが、いつもは最低ランクで済ませている。

だが、今回は牡蠣が目的。

牡蠣がメニューに加わるのは、中間ランクからだったので、

いつものコースにプラス700円(息子はプラス350円)して、中間ランクの食べ放題コースを選択。

さあ、食うぞ!!

 

 

カルビやサーロインステーキなどの盛り合わせ、

初めに店員が持ってくる初回皿を食べ終えると、食べ放題の追加オーダーを開始。

さっそく、牡蠣を注文。

1個100円として、追加した料金分として、二人で11個は食べたい。

 

しばらくして牡蠣が登場!

殻付きの立派な大粒の牡蠣だ!

大きさにばらつきがあるが、かなりでかいのもある。

焼きながらポン酢を垂らし、半生で頬張る。

アツアツプリップリの身からじゅわっと磯の濃厚な味わい。

グリコーゲンいっぱいの海のミルク。

ああ、牡蠣は旨いのう!

 

二人とも腹ペコだったので、がつがつ食べる。

牡蠣のみならず、肉もいただく。

牛タン,ハラミ,ギアラ,小腸,シマチョウ,サガリ,中おちカルビ,etc・・・。

牡蠣と一緒に、ししゃも,ヤリイカ、他の魚介類も食べる。

ごはん大盛のあとは、ビビンバにクッパ。

息子は、牛タンカレーを注文。

このとき、時刻は午後10時を回っていた・・・。

 

 

息子が牡蠣3個でギブアップ。

しかも牛タンカレーを1/3ほど残してギブアップ。

いつもはアイスクリームやケーキなど、デザートバーに直進するのだが、

それすらできないほど満腹になったようで、それっきり停止。

自分は、クッパが思いのほか甘くて苦戦。

クッパのスープって、こんな甘いっけ?

しかも牡蠣、あと4個は食わねば元は採れない。

クッパをすすり、息子の食べ残した牛タンカレーを食べ、

そして残りの牡蠣もすべて平らげた。

 

でもって、デザートも食わなきゃ。

もちろん別腹。

こってり肉を食べた後は、フレッシュフルーツが美味しい。

消化を助ける作用のあるパイナップルはもちろん、

キウイフルーツにオレンジ,グレープフルーツ,缶詰のミカンにサクランボ,そして桃。

さらに今が旬の柿!

富有柿かな、これが甘くて美味しい柿だった。

牡蠣食って柿も食う!!

 

食べた牡蠣の殻。

 

食った食った!

いやあ牡蠣ってそんなに食べられるものじゃあないね。

かき小屋やオイスターバーとかで、それのみだといいんだろうけど、

焼肉と一緒じゃ、そんな個数食べられるもんじゃないと思った。

あと、牡蠣の殻の破片が肉に付くんで、同時には焼けないし、

牡蠣焼き終わった後の網の表面も注意しなきゃならない。

それから店員の殻を剥ぐのがヘタなのか、やたら身に殻の内側の薄片が混ざってるのよ。

これ牡蠣の本場、広島だったら、「どんな剥き方しよんなら!」って客に怒られるぜ。

 

腹をさすりながら店を出たのは午後10時半過ぎ。

帰宅して風呂に入って、週末のくだらないテレビを観ながら、深夜1時過ぎに消灯。

 

夜遅くに重たいものを食べると・・・。

 

 

翌朝。

おええええぇぇぇ・・・・。

猛烈なむかつき。

すぐに緑の胃薬サクロンを飲む。

吐き気があるわけじゃなく、食道あたりの不快なむかつき。

胃腸に不快感はないが、やっぱり食道。

胃もたれ・・・胃じゃないから、なんだろう?

腹は減っていても、その食道のむかつきで朝食を受け付けず。

息子は平然と朝食。

うまそうにアジの開きを食べている。

これが・・・若さか・・!?

 

常備薬のサクロン。

 

30代後半から、がっつりと焼肉や揚げものを食べると、こうなりだした。

若い頃も、年末年始のぜんざいや雑煮の食べ過ぎ、

つまり餅でなってはいたが、肉や揚げものでなることはなかった。

最近じゃ、もう普通の夕飯の時間帯にそれらを食べても、翌朝に食道に来る。

胃袋が、消化器が年をとって弱ってきたのか?

 

あれから3日経ったが、まだ食道のむかつきは収まらず。

腹は減るし食欲がないわけじゃあないので、普通に食事はとるのだが、

その数時間後には、サクロンを飲む羽目になる。

昨晩もおとついの夜も、あまりのむかつきに目が覚め、深夜に起きてサクロン。

食べる量と時間をきちんと考えて、食べ放題を自制しなきゃならん歳になってしまったということか・・・。

食欲の秋に、胃薬の苦みに顔をしかめながら、そんな寂しいことを痛感した。

 

 

 

ジャンル:
むかつく
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌声にのった少年 | トップ | グッドモーニングショー »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。