緑 革 の 手 帖+

さみどりの 菜飯ができて香ぐはしや

とても 悲しいの

2017年03月13日 | 三兄弟
「ぼく、夕日が沈むとね。ああ、またひとつ しんじゃう日が近くなってしまったって思ってしまって。

毎日毎日夕方がとても悲しいの。夕方大っ嫌いなの。夜はすぐ朝になってしまうでしょう?すぐに朝になるなんてヒドイ!!夜め!!って思うんだよ。

ぼく、しにたくないんだよ。」





とても悲しい告白をされた。



でも、7歳くらいってそんなこと考えるよねー?と私は思うのだけど。


お兄様方からは、


「オマエ、毎日そんなこと考えてるの?!バッカじゃないの?!」

の大合唱だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブンラク | トップ | 本棚 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

三兄弟」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。