店長今日の一撮 2

ある時は熱帯魚屋パラダイスの店長
ある時はネイチャーフィールドのおっさん
しかしその正体はケンぢファ〜ムの設立者

(´ー`)水槽サイズ

2017-08-10 15:38:53 | 熱帯魚関係
どうも、会社でコソコソしているおっさんです。

さすがはお盆とでも言うべきでしょうか、さっきから見た事ないお客さんがチラホラと。。
休みの日に限って妙な忙しさとでも言うべきか(笑)

そして今月のアクアライフ到着。。

60㎝水槽のすすめとな(´⊙ω⊙`)

小型水槽一辺倒なここ10年の流れから、そろそろ業界全体で60㎝水槽の基準化へ動いた方が良いと思う今日この頃。。てか、ずーーとそう思っている。。

50Lの水量があるゆえのメリット。
買い手にとってはそこそこ手ごろ感のある価格であり、売り手にとってもそこそこやる気になる価格www
そして見た目のバランス重視で作ったフィルターなどの容量が、奇跡的に扱い易くそして必要にして十分な容量と必然的になるサイズ感。。

なんと言いますか、普通に使ってもらえれば普通にベストバランスに持って行きやすい水量なのですよね。。。

その上で、少し無理をした過密飼育や設備を増強しての水草レイアウトなども十二分にこなすサイズ感でもありまして、初心者が経験を積んでレベルアップした内容にステップアップする際に、手をかけただけの結果が見える形で返ってくるのも良い点です。

15L程度の小型水槽では、なかなかそ~ゆ~のは経験できましぇん。。

かと言って90㎝水槽では、全てにおいて60cm水槽の3倍のコストがかかってくる事や、重量面からも手軽とは言い難い。。。
水量が増える事は生体飼育にメリットとなる事も多々ありますが、標準装備されているフィルターの容量なども考えると初めから適切な知識を持って適切なグレードアップ(追加購入)をしておかないと、失敗に繋がり易いってのは、誰にでもオススメ出来るって物ではないとおっさんは思うのです。。。。

それらの事を考慮しても、おっさん個人的には是非是非60㎝×30㎝×36㎝の水槽からスタートして
もろもろ理解した上でステップアップの上位版として90㎝以上の水槽を是非と。。
多分、その流れの方が趣味としての世界は広く深くなる。。



1000円、2000円で買える安価なセットも裾野を広げる意味合いでは大事ですし
実際のところこれが無ければ業界が成り立たない事も事実ではあります。。

んがしかし、趣味としてはつまらないと言いますか、ユーザーがどんなに工夫をしてもステップアップしようが無い絶対的な水量不足が猛烈にネックです。

水量不足がもたらす大いなるデメリットと言えば、一番は水温の上下スピードが速くなり過ぎる点。。
普通に考えれば分かると思うけど、水量が少なければ昼夜の外気温に合わせての水温変化も早くなってしまいますよね。

飼育の対象となっている小魚、金魚の死亡原因として最もポピュラーな白点病の発症原因は
水温の変動です。1日で2度上下するのは極めて厳しい環境と言わざるを得ない訳ですが、水量10L程度の水槽では余裕でそれぐらい動いております・・・・・・・。
もとろん、60㎝水槽でも季節によってはそれぐらい動きますが、2℃の変動に要する時間がポイントなのです。。
10Lと50Lとでは上がる時も上がる時も必要になる時間にかなりの差がありましてね
そのゆっくりとした変動であれば同じ2℃の変動でも生体に与える影響の大きさがまるで別物になってくる訳ですね。。


そ~ゆ~魚飼育におけるデメリット的な事を50Lの水量があるゆえに、自然と打ち消してくれている。。そんなサイズです。

あと、維持コストに関しても安いのが良いですよね。
60㎝水槽だと、愛知県の冬場でも玄関先などの寒い場所に設置しても電気代だって1000円も上がらないぐらいで済みます。夏場はヒーター作動しないので缶ジュース1本程度??
よくよく観察してみてください。。
フィルターのポンプとライトの消費電力だって60㎝水槽の場合は、小型水槽と比較してアホみたいに大きくは無いのです。
皆さん案外見落としてますが、大型水槽で電気代を喰うのはヒーターだけでなく、フィルターに水をくみ上げる大型揚水ポンプだったりします。。
規模にもよるけど、だいたい150Wから500Wの組み上げポンプを使いますから、これが常時全力で消費していると冬季に電気代が1万とか2万上がります。
ヒーターの動作時間って適切なサイズに合わせ容量の商品を使えば、そんなに長くないのだけど、ポンプは常時駆動

60㎝用のポンプだと、一般メーカー品なら10W程度なので違いは歴然。。。


他にもメリットは沢山ありますがね、書き出すときりがないのでこの辺で。


全国的な流れとして水槽の小型化とお手軽さを推すのは変えられないでしょうけど
逆に言えばここ10年でここまで小型水槽が普及し多くの人が使ってくれてきた今だからこそ
小型水槽で金魚や熱帯魚を買うとすぐに死んじゃう!!等の声なきお客さんの疑問に
適切なアドバイスで応えられるスタッフを持つ店は、その店周辺での地域的な60㎝級水槽飼育の再ブーム(再標準化?)を起こすのは簡単だと思う。

なにせ、小型水槽からの買い替えであれば良い結果をお客さんに提供するのはどう転んでも簡単ですから。。

これまたおっさんの勝ってな持論ですけど、人間望む結果が出ればうれしいと思うのです。
趣味の世界、嬉しい事、楽しい事って大事じゃね??
ドMで辛い事、悲しい事を趣味にしている人の事は分かりませんが、普通は求める結果が出ればうれしいし、続けたいと思うはずです。もしくは更なる事へ挑戦したいと思うかもしれない。。そこにたどり着くまでのワクワクとドキドキがあるから楽しいとでも言いましょうかね。。
そ~ゆ~側面から見れば今の小型水槽一辺倒な流れは、60cmの良さを使い手に理解してもらえるいいタイミングなのかな~とか考えてます。。

腹減った。。。。


あと、どうでもいいけど納車3ヶ月で



三年でゴミ確定(´⊙ω⊙`)







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 案内 | トップ | 行けミドリフグジェービー(*・... »
最近の画像もっと見る

熱帯魚関係」カテゴリの最新記事