武本睦子あっちこっちポルトガル

ポルトガルあっちぶらこっちぶら報告です。

035. モンテ・ノヴォ・パルマ駅 Monte Novo Palma ポルトガルの鉄道駅 

2017-07-23 | ポルトガルの鉄道駅

北緯38度25分、西経8度38分、アルカセル・ド・サル県、1920年5月25日開通。

 

駅に向かう途中、『踏切注意』の道路標識が可愛い。

 

セトゥーバルとアルカセル・ド・サルの間、アルカセル・ド・サルの一つ手前の駅、

 

駅の西側にはサド湾の広大な湿地帯が広がり、自然保護区域となっている。冬にはアフリカからフラミンゴの群れがやってきて越冬する。

 

駅舎のアズレージョ。

 

 駅は電車の停車しない通過駅で、入り口や窓はしっかりと塞がれている。

 

貨物駅舎。

©2017 MUZVIT

 

ポルトガル鉄道駅サムネイルもくじへ

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 034. アルカセル・ド・サル... | トップ | 036. ポルトアレグレ駅 Por... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガルの鉄道駅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。