The wild flowers of Portugal. ポルトガルの野の花 

学名など判ったものだけ明記しています。和名などをご存知の方はどうか教えてください。

カルダミネ・レセディフォリア Cardamine resedifolia

2017-06-30 08:27:55 | ポルトガルの野の花

アブラナ科、Brassicaceae、タネツケバナ属、ヨーロッパ原産、多年草、

学名:Cardamine resedifolia、和名:オクヤマナズナ(奥山薺)、別名:サジナズナ、タマサジソウ、

英名:Cardamine(カーダマイン)、Mignotte-leaved bitter-cress、

2009年6月、2016年6月16日、2017年5月23日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影

 

カルダミネ・レセディフォリアCardamine resedifoliaの花。表示名は学名の音読み。

 

直径3ミリほどの小さな花。

 

山の上り口、水辺の岩陰に咲く。

 

 

 

草丈は30cmほど。

 

 

 

 

 

 

 

カルダミネ・レセディフォリアCardamine resedifoliaでした。

©2017 MUZVIT

 

 

GKZ植物事典より 和名は学名の音読みから。/属名は、古代ギリシャで心臓病に効くと言われたアブラナ科のカルダモン(kardamon)の名から来ているという。/種小名は「モクセイソウ科の植物のような葉の」の意。

カルダミネ・レセディフォリアは、アブラナ科の多年草である。本種は、概して山地の山裾から標高2000m級高地までの湿地に自生する野草である。茎は細く立ち上がり、草丈は15~30㎝程度となる。茎下部はロゼットを構成する。茎葉は羽状に裂ける。葉柄は耳状となる。3~8月頃、茎上部に円錐花序を出し、径3㎜程度で白色の4弁花をつける。花弁の先端部は2浅裂する。花後には長さ1~2㎝程度の長角果をつける。 カルダミネ・レセディフォリアGKZ植物事典より

 

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マトリカリア・レクティータ... | トップ | デルフィニウム・ペンタギヌ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガルの野の花」カテゴリの最新記事