The wild flowers of Portugal. ポルトガルの野の花 

学名など判ったものだけ明記しています。和名などをご存知の方はどうか教えてください。

スペルグラリア・プルプレア Spergularia purpurea

2016-10-18 09:07:04 | ポルトガルの野の花

ナデシコ科、Caryophyllaceae、スペルグラリア属、地中海沿岸地域原産、

学名:Spergularia purpurea、英名:Purple Spurry、

2009年6月21日、2016年5月31日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影、

 

スペルグラリア・プルプレアSpergularia purpureaの花。表示名は学名の音読み。

 

地中海沿岸のスペインからポルトガル、モロッコに分布し、塩分のない砂地や荒れ地などに生え、草丈は10~25センチになる。

 

葉は線形で多肉質ではなく、根生してロゼットを形成する。

 

スペルグラリア・プルプレアの蕾。暗くなれば閉じて、明るくなれば開く。

 

晩春から夏にかけて、緩やかな集散花序に、紅紫色の花を咲かせる。

 

花の直径は4ミリほど。花には、10個またはそれより少ない黄色の葯がついた雄しべと、3個の柱頭がある。

 

種小名のpurpureaは紫色の意味。果実は蒴果。

 

一緒に咲いている薄い色はスペルグラリア・ルブラ。もっと薄いのはスペルグラリア・メディア。

 

スペルグラリア・プルプレアSpergularia purpureaでした。

©2016  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スペルグラ・アルヴェンシス ... | トップ | スペルグラリア・メディア S... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む