The wild flowers of Portugal. ポルトガルの野の花 

学名など判ったものだけ明記しています。和名などをご存知の方はどうか教えてください。

カキレ・マリティマ Cakile maritima

2016-10-12 13:08:45 | ポルトガルの野の花

アブラナ科、Brassicaceae、オニハマダイコン(カキレ)属、ヨーロッパ原産の1年草

学名:Cakile maritima、異名:Eruca marina、

和名:カキレ・マリティマ、シーロケット、オニハマダイコン(鬼浜大根)、

英名:European Searocket、葡名:Eruca-maritima、

2011年3月、2015年2月12日、2016年2月8日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

 

カキレ・マリティマCakile maritimaの花。

 

海 沿いに自生する植物に見られる特徴で、やや多肉質。

 

花の直径は8ミリほど。芳香のある4弁花。

 

花は総状花序につき、紅藤色、桃色、白色など。

 

肉厚の緑色の葉で草丈は15~40センチほど。葉は無毛で互生し線形から羽状に切れ込むものまである。

 

日当りと、風当たりの強いビーチや断崖の砂の中に自生する。

 

カキレ属は世界各地に15種類がある。

 

GKZ植物事典より、和名は、学名の音読みから。/属名は本種のアラビア語名を語源としている。/種小名は「海浜の」の意。カキレ・マリティマは、アブラナ科の1年草である。本種は、ヨーロッパの沿海地の砂浜や海岸段丘などに自生の見られる野草である。茎は、砂上を這う、斜上する、直立する等の形でマット状に広がり、大きな塊となる。草丈は15~40㎝程度となる。茎も葉も無毛で多肉質となる。茎は上部で良く分枝を繰り返す。 葉は狭楕円状であるが、縁部は羽状に深裂する。3~4月頃、茎頂並びに枝先に散形花序を出し、径8㎜程度で白色~淡桃紫色の4弁花を多数つける。開花時には芳香を放つ。北米では、東西両海岸地帯で本種は帰化状態にある。(GKZ植物事典より カキレ・マリティマ

 

カキレ・マリティマCakile maritimaでした。   

©2016  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

 

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キドニア・オブロンガ Cydon... | トップ | ファグナロン・サクサチレ P... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む