The wild flowers of Portugal. ポルトガルの野の花 

学名など判ったものだけ明記しています。和名などをご存知の方はどうか教えてください。

アンスリスクス・シルヴェストリス Anthriscus sylvestris

2017-06-15 14:59:37 | ポルトガルの野の花

セリ科、Apiaceae、シャク属、ヨーロッパ、西アジア、北アフリカ原産、多年草、

学名:Anthriscus sylvestris、和名:シャク、別名:ヤマニンジン、コジャク、ワイルドチャービル、

英名:Cow Parsley、Wild Chervil、Wild Beaked Parsley、Queen Anne’s Lace、

葡名:Cicuta、Cicuta-dos-prados、Cicutaria-dos-Prados、Erva-cicutaria、

2011年6月、2016年6月16日、2017年5月23日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影

 

アンスリスクス・シルヴェストリスAnthriscus sylvestrisの花。表示名は学名の音読み。

 

山地の湿った日当たりの良い草むらや道端に自生。

 

茎は直立し、上部で分枝して、高さは80-140cmになる。

 

葉は互生し、長い柄があり、2回3出羽状複葉となり、小葉は細かく裂ける。

 

花期は5-6月。茎頂か、分枝した先端に複散形花序をつける。

 

花は5弁花で、花弁は白色、花序の周辺花の外側の2花弁が大きい。萼歯片はない。

 

複散形花序の下にある総苞片は無く、小花序の下にある小総苞片は数個あり、卵形から披針形で下を向く。

 

果実は円柱形で細長く、先端がとがり、無毛で黒色に熟す。分果の隆条は発達せず、油管もない。アンスリスクス・シルヴェストリスAnthriscus sylvestrisでした。

©2017 MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プランタゴ・ランセオラタ ... | トップ | キティスス・オロメディテラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガルの野の花」カテゴリの最新記事