The wild flowers of Portugal. ポルトガルの野の花 

学名など判ったものだけ明記しています。和名などをご存知の方はどうか教えてください。

キノグロッスム・クランデスティヌム Cynoglossum clandestinum

2016-12-13 09:55:55 | ポルトガルの野の花

ムラサキ科、Boraginaceae、オオルリソウ(キノグロッスム)属、ポルトガル・スペイン・南イタリアに分布、多年草、

学名:Cynoglossum clandestinum、和名:キノグロッスム・クランデスティヌム、

英名:Hound’s Tongue、葡名:Cinoglossa-de-flor-fechada

2011年2月、2015年2月5日、4月27日、2016年1月29日、2月16日、22日、29日、3月8日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

             

キノグロッスム・クランデスティヌムCynoglossum clandestinumの花。表示名は学名の音読み。

 

花の直径は8ミリほど。

 

蕾に見えるがこれ以上開いた花を見たことがない。

 

草丈は30センチほど。

 

草原などにぽつりぽつりと自生。

 

属名のCynoglossumはギリシャ語のkynoglossum(犬の舌)に由来し、葉の形から出た名前で、英語ではhound's tongueという。

 

本来は旧大陸の温帯地方に分布していたが、性質が強健なため、現在は極地や砂漠、高山帯以外のほとんどの地域に分布しており、現在55種あまりの自生種が知られている。

 

長い柄のあるへら型の根生葉で越冬し、茎に付く葉は互生する。

 

花は総状花序で、春から夏に咲き、青紫のものが多い。

 

Cynoglossum officinaleは、かつて、虫さされや小さな傷の手当てに使われる薬草として用いられ、アメリカやオセアニア大陸にも持ち込まれたが、鍵状のとげのついたタネが、家畜の毛につきやすく、現在ではやっかいな雑草の一つになっている。(Wikipediaより)

 

花も茎も葉も植物全体が毛に覆われている。

 

キノグロッスム・クランデスティヌムCynoglossum clandestinumでした。   

©2016  MUZVIT

 

GKZ植物事典より  属名は、ギリシャ語のcyno(=犬)と glossa(=舌)の合成語で、葉の形状とざらついた感触とから。/種小名は「隠れた」の意で、花弁が萼片の覆われていることから。キノグロッサム・グランデスティヌムはムラサキ科の多年草である。草丈は30㎝程度となる。全草(茎・葉・萼)が長い白色の細毛で覆われている。葉は長さ4~7㎝程度の長楕円形で、縁部は全縁であるが緩やかに波を打つこともあり、先端部は鋭頭、基部は短い葉柄に連なり茎に互生する。2~5月頃、茎上部に円錐花序を出し、径8㎜程度で赤色の5弁花をつけるが、萼片に深く覆われ平開はしない。キノグロッサム・グランデスティヌム    GKZ植物事典より

 

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユーフォルビア・ポルトラン... | トップ | アキノス・アルベンシス Aci... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガルの野の花」カテゴリの最新記事