ゑんぢんぶろぐ

のんきそうには見えますが頭の中は不安で一杯。あまり過大な期待と責任は負わせない方が互いにとって身の為です。いやマジで。

「森林の樹木」

2013年06月30日 23時23分09秒 | 樹の写真
title:「このツルは何だ?」
at:昼食を買いに行く途中
date:2013年6月25日(火)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな映画を見て来ましたっ!

2013年06月30日 13時08分44秒 | 映画
鑑賞作品:「逃走車」

(ネタバレ防止フィルター稼働中)

原題:「VEHICLE 19」

(切り口と画像が違うレビューは「こちら」をCLICK!)

「ワイルドスピード」シリーズのポール・ウォーカー主演、巻き込まれサスペンス。

何が面白いって、全編が「車載カメラ」からの映像。
つまり車の中から全てのシーンが撮られています。
(ホンの一部分だけ例外あり。
アレはもったいなかった…。)

各種レビューでも結構突っ込まれてるみたいなんだが、率直な感想としては

「言うほど悪くないじゃん」

できるだけ予備知識無しに見て、
話がどう転がって行くのかwktkしながら見るのが良。

「鑑賞評価:☆☆☆☆×」

蛇足…ぶっちゃけ主人公以外の俳優さん…全く知らな(以下略)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偽ついった~

2013年06月30日 12時35分27秒 | 偽ついった~
映画でやたらと「ワシントン記念塔(写真)」を見る件について。

エンド・オブ・ホワイトハウス
「G.I.ジョー/バック・2・リベンジ」
ブレーキ

そして多分

「ホワイトハウス・ダウン」にも。

見てないが「フォレストガンプ」にも出ていたとか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「激しく同意して欲しい!」

2013年06月30日 01時09分27秒 | 禿同!
最近

「椿鬼奴」



「鳥居みゆき」




「芸人」より「女」を取る事が多い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「激しく同意して欲しい!」

2013年06月29日 23時54分37秒 | 禿同!
「投げっっ放し哲学」

「嫌悪感」とは


抱かれた者(原因物質)の内側には全く存在しない感覚である。


つまり無意識に
他人から嫌われる事ができる
ある種の才能である。



…久しぶりに「投げっっ放し哲学」らしい哲学だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「激しく同意して欲しい!」

2013年06月29日 13時08分14秒 | 禿同!
歩行者信号が点滅しだすと

どのタイミングで横断を諦めるか悩む。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超ディープな偽ついった~

2013年06月29日 00時50分56秒 | 偽ついった~
紫雷美央のブログに

妹、紫雷イオの名前が出たのが

劇的に嬉しい。

更にその記事のコメント欄に

長女さんが書き込みしてたのが更に…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相互リンク完了のお知らせ

2013年06月28日 23時33分47秒 | 様々(仮)
◎こんな映画を見て来ましたっ!

2013年6月6日アップ分

ラム・ダイアリー

「ゑんぢんぶろぐANOTHER!」との相互リンク完了しました。

切り口と画像が違うイかした(イかれた?)レビューをどぞっ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな映画を見て来ましたっ!

2013年06月28日 23時19分26秒 | 映画
鑑賞作品:「エンド・オブ・ホワイトハウス」

(ネタバレ防止フィルター稼働中)

原題:「OLYMPUS HAS FALLEN」

(切り口と画像が違うレビューは「こちら」をCLICK!)

文句なく面白い!

純情真っ直ぐクン(ちょっと馬鹿)なジェラルド・バトラー(参考つ[CLICK HERE!])が、ホワイトハウスを占拠したテロ集団にたった一人で立ち向かう!

過去のトラウマや信頼関係を描きながら、激しいバトルを繰り広げ
更に(噂では)本物の元・CIAや元・FBIから情報を仕入れたというリアルな
描写が臨場感を盛り上げる。

…しかし何であぁいう時に私情を挟んで暴走するような人が
あんな要職にいるんだ(苦笑)

「鑑賞評価:☆☆☆☆△」

蛇足…「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
のアレの止まり方に比べたら段違いにマトモ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな映画を見て来ましたっ!

2013年06月28日 22時37分32秒 | 映画
鑑賞作品:「イノセント・ガーデン」

(ネタバレ防止フィルター稼働中)

原題:「STOKER」

(切り口と画像が違うレビューは「こちら」をCLICK!

永遠の僕たち」のミア・ワシコウスカと
NINE」のニコール・キッドマン母娘が巻き込まれた奇妙な事件のお話…。

これはタイトル(邦題)が上手いと言うか…先入観無しで見なきゃダメよ。
一体あの人はどこへ消えたのか…あの思わせ振りな台詞は一体何を意味するのか…
あの男はどの立場にいてそもそもどんな人間なのか…。

不気味かつ小さく静かな伏線は少しずつ回収されて…。

○○や△△は何処へ向けて放たれるのか…。

大作の陰に隠れて全く可哀想な扱いだが、かなり良い作品である。

「鑑賞評価:☆☆☆☆△」

蛇足…後で知ったけど監督の「パク・チャヌク」…「渇き」の監督さんかいな!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加