必勝!合格請負人 宅建試験編

資格講座の講師をしています。役立つ情報を提供します。

スーパー合格講座 水道橋本校 月・木曜日/夜クラス<権利関係B第1回>

2017-05-14 | Weblog
「スーパー合格講座」水道橋本校

 月・木曜日/夜クラス

【開講日】5月15日(月) 
     19:30~22:00
権利関係B第1回 (相続)

テキストは

  19:00~ プレゼミがあります。

スーパー合格講座の付属教材である「確認テスト」を使用します。

 解説講義(インプット)と問題演習・ゼミ(アウトプット)を一体化することにより、
講義を聴いて「わかった気になっている」だけの不確かな情報を確認し、同時に【考える力】
【知識】を自ら身に付けられるように組まれた講義スタイルです。
 この講座を活用することによって、誤って入力された情報や点として入力された情報を修正し、
線で結ぶことが可能となります。
 
 ぜひ、ご参加ください。

 <合格の秘訣>
その1
権利関係の事例問題は
図解による事例への当てはめで攻略する。

物権変動~時効と登記
1 時効の完成に不動産を取得した者に対して、時効による所有権の取得を対抗
 する場合には、登記は不要である。



従って、Cが時効完成前に登記をしても、時効完成後に登記をしても、結論は同じ。
注意すべきはCの登場時期なのです。


平成10年(問2)改

肢3 CがBの取得時効完成前にAから甲土地を買い受けた場合には、
  Cの登記がBの取得時効完成の前であると後であるとを問わず、Bは登記がなくても
  時効による甲土地の所有権の取得をCに対抗することができる

Bは登記がなくても、時効による甲土地の所有権の取得をCに対抗することができるので、正しい。



2 時効の完成に不動産を取得した第三者に対して、時効による所有権の取得を対抗
 する場合には、登記が必要である。




平成19年(問6)

肢4 取得時効の完成により乙不動産の所有権を適法に取得した者は、その旨を登記しなければ、時効完成後
  乙不動産を旧所有者から取得して所有権移転登記を経た第三者に所有権を対抗できない。

取得時効が完成しても、その旨の登記がなければ時効完成の第三者に対抗できないので、正しい。

--------------------------------------------------------------------------
マスター演習講座」水道橋本校
 マスター演習講座では、空欄補充で知識を整理し、○×式の演習課題を実際に解くことによって、
 問題の解き方をマスターし、スーパー合格講座で学んだ内容の定着をさらに進めていきます。

 火曜日/夜クラス
講義を無料体験受講できます。

     19:30~22:00 法令上の制限・税・他 開講中
 
     ★19:00~ プレゼミ(黒田の2017予想問題)があります。

--------------------------------------------------------------------------
免除科目対象の方へお知らせ
建ニュース4月号(統計問題ではこの統計が狙われる!)
地価公示全体のまとめ
Myページ

--------------------------------------------------------------------------

模試受験はお早めに!模試を受験して、今後の学習指針を立てましょう!!
宅建実力診断模試

--------------------------------------------------------------------------

水道橋本校スケジュール
詳細はこちら

【水道橋本校】生講義!スーパー合格講座開講のご案内・講座説明会実施
 

お知らせ
質問ほっとメール
goro-go_k @ hotmail.co.jp
@を小文字にしてください
<ご注意>
ご質問で重要なものはできる限りブログでお答えいたします。
そして、誠に申し訳ありませんが、ご質問は黒田講座を受講されている方、
および、当ブログをご覧の方は当ブログの内容に限定いたします。

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宅建士試験・権利関係 重要... | トップ | 権利関係の事例問題は図解に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。