タケの放浪記

旅と釣りと家庭菜園

保全作業 その4

2016-09-19 19:07:04 | 日記

法面の作業には、フェンスを超え脚立で用水路に落ちて、また脚立を使い法面に

よじ登る 今朝、フェンスを越えるとき金網に爪先を入れ反対側の足を漸く越した 

体重を支える腕力もない そのまま、フェンス上部の丸パイプの上に落ちた 

瞬間、うんぎゃ~ あ゛~~ 少し上の金網に爪先を入れて立とうとしたが、入らない 

足の付け根にパイプが食いこむ それでも何とか爪先を入れ少し体をよじった 

パイプが食いこんでいるのに、よじったものだから 想像通りです どうやってフェンスを

越えたか解らない 超えてから僅かな足場に屈み、両手で金網を掴んで 

あ゛~ う゛~~~ ああぁ~ 傷みが和らぐまで暫く屈んでいた 昼に同じ繰り返しで

戻らなければならない 今度は何とかセーフ 昼食で自宅に戻った時、同じヘマを

しないように脚立を持参した 最初からこうしていれば何事もなかったのに 賞味期限が

過ぎていても、痛さは感じるものなんですね う~ん、久々の珍事でした

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地域保全作業 | トップ | 保全作業 その5 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やきとり)
2016-09-20 14:41:42
フェンスの手摺に開脚落下??
もしかしてcan玉やっちゃった?
この用水って使ってるんですよね?
水路をコンクリで整備するのは簡単だろうけど、こんなに深くする必要あるのかと思ってしまいます。
Unknown (タゲェ)
2016-09-21 10:21:06
そうです 開脚落下です ブツに直撃した後
体全体を平行移動し金網に足を掛けようとしてので
2次衝撃でした ブツが少し楕円形になったみたい

水田に水を引く時でも水深が20cmない筈
ダムの直ぐ下流ですからこれ程の用水路は
必要ないかも 下流になれば別ですが

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。