武田じゅうめい 旗本無頼帳 

色即是空とは、すべての存在は虚無であると知る。
旗印は日本愛、 日本人にはニッポンが足りない

日米開戦、パールハーバーに死す。  小池百合子の戦い。

2016年12月28日 | 国際外交の真実

★パールハーバー。
かの地に日の丸が、日本の総理と米国大統領の背に、へんぽんと翻る中、安倍さんの和解のスピーチをライブで聴いていたら、自然に涙がこぼれてきた。
アメリカの為に戦ったアメリカ人の勇者に哀悼の誠を捧げます。


★小池百合子。
テレビのコメンテーターとして売れっ子の片山善博が、小池さんを面前にして、「小池新党を作ると、議会運営がおろそかになる。私の経験ではそうだ。だから新党は作るべきでない」と、したり顔で発言していたが、小池さんは当然に良い顔をしなかった。

片山さんの場合、東大卒の自治官僚(現総務省)から鳥取県知事に天下りしたから、片山新党なるものは作る必要はなかった。
説明するまでもないが、自治官僚は各都道府県の総元締めであり、自治官僚様をありがたく頭に戴いたからには、県官僚も県議らも逆らう意思など一片もない。
だから片山さんは県の役人や県議に抵抗されることなく、自由に裁量権を振るうことができた。だから片山党なるものは必要なかった。
まあ、片山さんは民主党・菅内閣の総務大臣であったし、今は自民党からも甘い誘いがあるだろうと推察するが。

しかして、小池さんの場合は、都官僚は面従腹背であり、皆さん御存知の通り、自民党のネズミ都議団は、小池イジメに狂奔している。
来夏の都議会選挙で、高木啓の自民党都議団がそれなりに勝利すれば、それから本格的な小池潰しに走ることは火を見るよりも明らか。だから小池新党を立ち上げ、都議選で勝ち切らなければ、小池さんの運命はコワモテのネズミ集団に手篭めにされるのは必定。アレー、助けてと叫んでも、その時は既に遅し。
今の勢いなら、小池新党を立ち上げれば、ネズミ利権集団の自民党と朝鮮キムチの民進党をぶっ飛ばして、最低30議席は獲得できる。

また、小池さんは除名された7人のサムライを守ると公言している以上、都議選では血の雨が降る戦いになるだろう。
小池大将の軍配の下、勇気凛々、ネズミが巣くうドクロ城を攻め上げよ。


★小池百合子とハシシタ維新。
東京で全く人気がない維新にとって、口から涎(ヨダレ)がダラダラと垂れるほど、小池さんと関わりたいのだろうなあ。
しかし大阪侍は、ちょっと品に欠けるし、小池さんは兵庫の芦屋出身で今は東京に根づいているから、大阪のイモ侍には余り興味がないかも。
そういう意味においては、ハシシタがカネ勘定で小池政治塾の講師を断ったのは、維新の致命的な失敗だったろう。カネにがめついのは大阪の文化だが、東京の涼やかな目から見れば、ちょっと品がない?

 

★中国の空母遼寧。
青島(チンタオ)を出港すると、日本の潜水艦と米海軍の潜水艦が静かに追尾を始めた。中国空母は護衛艦隊5隻を従い、第1列島線を突破し、初めて太平洋に乗り出したという。

まあ、いずれ雌雄を決する時がやって来る。
それまでは首を洗って待っておれ。



★東芝に再び巨額の損失。
東芝というのは名門大企業で、東大理系の就職先として人気だったが、ここまで落ちぶれるとは、経営というのは一瞬の油断もならぬ、ということだな。
だいたい経営が傾くのは、経営者の問題であり、パナソニック(松下)、シャープの経営陣は日本の名門大学を出て、米国でMBAを取ってと、学業はすこぶる優秀だが、言ってみれば、水泳などやったことがない者が理論だけを勉強して、水泳選手のコーチをやるようなもので、うまく行く訳がないのだ。

松下電器の松下幸之助、ホンダの本田さん、シャープの早川さん、ソニーの盛田さんなどの創業者は、経営理論というより、「俺がやることを見ていろ」「コラッ、何をやってる、タコッ」と厳しく従業員を教育したものだが、今の経営者はBLとかPLの読み方はうまいかも知れんが、まあ経営音痴だね。
特に経営の神様と言われた松下幸之助は、まだ会社が小さい頃、ある人に「お宅は何をやってる会社やねん」と聞かれ、幸之助さんは、「うちは、人間を作ってます、ついでに電気ソケットも作っておます」と答えたそうや。



★みずきさんの嫌韓宣言。
昔の日本は、旅館の発達(宿場町)、そして食文化、おもてなし文化、貨幣流通による経済の効率と活性化などなど、朝鮮とは天と地の差でした。
ところが、現代韓国の授業では、日本は朝鮮通信使に先進文化を学んだ未開の国であったと教えている。だから韓国の若者はそういう歪んだ空想歴史を学び、そう信じて育っている。

そして韓国人の学ぶ歴史は、下記のようなファンタジー歴史なのです。
1)朝鮮は明治維新までは日本よりも先進国だった。
朝鮮は未開な日本にありとあらゆる先進的な文物を伝授してあげた。

2)明治維新で日本は近代化して一気に強くなった。
すると日本は恩義のある朝鮮を侵略し、ありとあらゆるものを収奪した。

3)敗戦後、日本は疲弊して農業国になる運命だったが、朝鮮戦争(北朝鮮と韓国の戦争)のおかげで復活した(戦争特需)。

結論、
日本は、先進文化を与えてあげたウリナラ朝鮮に感謝すべきだ。
また、朝鮮から収奪したことを謝罪し、敗戦後は朝鮮のおかげで復活できたことを感謝すべきニダ。
(みずきさんの嫌韓宣言)

こういう嘘と捏造の横国、ゲスの極みとは韓国朝鮮の為にある言葉。

(じゅうめい)

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍さん、米国との歴史的和... | トップ | 黒崎愛海は、ブザンソンの森... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際外交の真実」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。