テイクハウスのスマイルフェイス

家族を笑顔にすることが、テイクハウスの楽しみです。そんなテイクハウス設計室での日々のできごとを綴っていきます。

野中区民として

2017年08月03日 | takekawa
お世話になっております。

毎日、暑い日が続いております。

各現場、暑さに負けず頑張っております。


こちらは、弊社事務所からすぐそばの元区民館。

現在は、神社の行事に使用したり、地元の老人会、子供会の皆さまがご利用している施設です。




今から少し前、ここから少し離れた場所に新しく区民館が建設されました。

よって、こちらの建物は取り壊す案が出ておりました。

ただ、地元の皆さんとしては、あれば便利な建物ということで、

野中神社、老人会の皆さま、地元からの寄付金で今まで取り壊すことなく維持してきました。



ところが、築年数が経過していることから、至る所に劣化が見受けられます。

皆さん、直したいという思いはあるのですが、やはり寄付金で成り立っていることから、そんなにお金は掛けれません。


そこで区長さんより、弊社にご相談が。

わたしも子供のころから、お世話になっている施設です。

是非とも、ご協力させていただきたい旨を伝え、工事がスタートしました。




今回、天井裏等から目視により確認しましたところ、木造と鉄骨造の混じり合った建物。

今の耐震基準法には適合していないものの、今のところは問題ないのではないかと判断いたしました。

もちろん、しっかりと精密診断するべきなのですが、ご説明しました通りの事情があります。


ただ、どうしても鉄と木では、接合できない箇所が出てきます。

それらが原因で、天井が全体的に垂れていました。


万が一、おじいちゃんおばあちゃん、子供たちの頭上に天井材が落下してこないよう、

危険予知として今回はこの天井を補強することに決定。



天井を一度はがし、下地を補強していきます。


補強後、新しく天井材を張って完成。



これで安心ですね。

先日、地元回覧板で弊社宛にお礼のお手紙がはさまれておりました。

とても嬉しいお言葉でした。

こちらこそ、いつも管理お疲れ様です。

区民として大変感謝しております。



































ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏季休暇のお知らせです。 | トップ | コンクリート工事の仕方 »
最近の画像もっと見る