海山川地球を遊ぶ~トレッキングやバックパックで世界を巡る旅日記。ヨット日本周遊と太平洋縦断航海記。ユーコン川カヌー漕行記

アジア・北南米・アフリカの登山・トレッキング・バックパッキング日記、ユーコン川カヌー、ヨット日本一周や太平洋縦断航海記

8 伊予/44番から40番寺

2017年03月15日 | 2016年スクーターで四国遍路
11月17日(木)晴 愛南町御荘/観自在寺通夜堂
古岩屋0715⇨0730大寶寺⇨1020明石寺⇨1125仏木寺⇨1210龍光寺⇨1310宇和島1530⇨1640観自在寺
標高が高いせいか肌寒くて目が覚めた。缶コーヒー(¥150)で手を温める。久万高原町の街へ15分下って44番大寶寺を参拝(¥310)。八十八ケ所の半分で「中札所」といわれる。老樹が林立する参道から境内は朝霧が漂い薄暗い。かって岩屋寺はこの寺の奥の院であった。
R380で南西へ向かい内子町(歩き遍路で1泊して観光したのでパス)、大洲市(左に同じ)を過ぎてR56を南下、宇和町に着く。内子や大洲と同じく、ここの卯之町にも白壁・うだつ・出格子の商家が並ぶ美しい町並みが残る。「創業慶応三年」の看板が目に入り、「山田屋まんじゅう」に寄ってお土産と自分用(¥1490)を買う。卯之町を過ぎて北へ向かい2.3hで43番明石寺を参拝(¥310)。大きな山門がかって宇和島藩主の祈願所として栄えた事を偲ばせる。
県道31で山を越え40分で42番仏木寺を参拝(¥310)。牛に乗った大師の伝説が残るこの寺には家畜堂があり、家畜や動物の安全祈願・供養で信仰されている。15分南下して41番龍光寺を参拝(¥310)。地元で「三間のお稲荷さん」と呼ばれ、往時の神仏習合の名残りで山門は鳥居だ。境内には狐とお地蔵の石像が並んでいて、本堂と大師堂の奥の高台に旧本堂だった稲荷社が在る。
13時過ぎに宇和島市街に入る。名物の「鯛めし」を食べに「ほずみ亭」に行く。宇和島鯛めし(¥980)は卵かけ鯛御飯だ。近くの理髪店をしている友人宅をお土産を持って訪ね1h近況を話しあう。現存古城の「宇和島城」(¥100)と無料の郷土館を見学する。
R56で南下して内海の島影を眺めながら海岸線を1.2hで愛南町市街に入って40番観自在寺を参拝(¥310)。この地は平城天皇から勅額「平城山」を下賜されて縁が深く「御荘」と称されるようになった。境内右手に小さな通夜堂があって泊めていただけると聞いていたのでお願いする。1740近くの「海鮮海里」で鯵刺し、焼き鯖とサザエ飯にビール(¥2500)の夕食を摂る。久しぶりに家屋に泊まったので爆睡だ。給油¥542。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7 伊予/53~45番寺 | トップ | 9 土佐/39番から38番寺 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。