たけえもん日記 ~竹原ステーションブログ~

広島大学水産実験所竹原ステーションでの出来事と
竹原市周辺の里海ネタを軸に様々な話題を提供します。

修士論文中間発表会

2017-08-09 01:23:40 | イベント

こんばんは。

 

最近は調査が目白押しでブログ更新が間に合っておりません

 

ということで、だいぶ遅くなりましたが修士論文中間発表会の様子をお伝えします

 

竹原ステーションからは2名の発表がありました

 

かたえもん「ミノウミウシ類の盗刺胞に関する組織学的研究」

 

 

 

なかなかデータが出ずに難産でしたが、なんとかやり切りました

 

あと半年頑張りましょう

 

はせえもん「広島県におけるシロウオの生態学的研究」

 

 

 

実は諸事情あって実際の発表は聞くことができず

 

写真も代理をお願いしていました

 

ただ前日にリハーサルを聞いていたので発表内容は既知

 

非常にボリューミーな研究内容となっていたはずです

 

二人とも残り半年はあっという間ですが

 

しっかりまとめて良い修論できるよう頑張ってください

 

こんクラゲ・改

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

博士論文公聴会

2017-01-28 14:27:30 | イベント

こんにちは、Blogでは初めての投稿となります
お魚研M1のはせえもんです
対象の魚はシロウオという小っちゃくて不思議な魚を研究しております

さて1/17にこんくらげさんの公聴会が行われました



僕は初めてこんくらげさんの研究内容を聞いたのですが
とても面白かったです


こんくらげさんの集大成であり、貫録の姿で発表されており
かっこよかったです




今後は修論・卒論発表会も続くので
記事を上げていきたいと思います!

はせえもん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

萩サンプリング

2015-06-19 16:08:56 | イベント
こんにちは。M1のウツミです。少し前ですが、山口の萩というところに行ってまいりました。

まず、萩博物館を見学しました。

貝類の展示がされており、和名の由来など、知識が深まりました。

その後お昼を食べ、防波堤をウロウロしながらクラゲを探します。

この日は天気も良く、波も穏やかだったのですが、クラゲは数匹しか確認できませんでした。
次回に期待です・・・。

ちなみに、防波堤をウロウロしていたら、ヒトデのミイラをよく見かけました。




日本海は瀬戸内海と生物が少し異なるので、次回のサンプリングが楽しみです。
次回もよろしくお願いします。

ウツミ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

卒論発表会

2015-04-07 01:10:16 | イベント
こんばんわ。

4月になって新しい年度が始まりましたね

竹原ステーションも新体制で頑張っていきたいと思います




と言っておきながら...

今日は2月に行われた卒論発表会の様子をお伝えしま~す

発表会は3分間の口頭発表と場所を移動してからのポスター発表の2部構成になっています

竹原ステーションからは6人の卒論生が発表を行いました

しおえもん

「野外ケージ実験によるマコガレイ稚魚のアマモ場と砂浜での食性・成長の比較」


うつのみやもん

「水中カメラを利用した海底湧水の魚類出現調査」




しまえもん

「周防大島海域公園の海藻と温帯サンゴの混成パターン」




いのうえもん
「黒潮流域の熱帯~温帯域に分布する緑藻イワズタ属の分子系統学的研究」


さいとうえもん
「瀬戸内海産ヒドロクラゲ類の季節的消長と摂餌に関する研究」




はしもん

「エビクラゲの生態学的研究;特に摂餌、成長について」




みんな口頭発表、ポスター発表共に頑張っていましたね

今回、卒論発表を行った6人はこの4月から修士に進学したり、新社会人として

働き出したりと既にそれぞれの道を歩き始めています

この竹原ステーションでの研究生活を糧に新たな環境でも元気に頑張っていってほしいものですね

こんクラゲ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

修士論文発表審査会

2015-03-01 14:19:56 | イベント
こんにちは。

今回は2月16日に行われた修士論文発表審査会の様子をお伝えします

竹原ステーションからは人の修論生が発表を行いました

トップバッターはおかえもん


『ヒクラゲの摂餌、成長、生活史に関する研究』を発表しました

これまで知られていなかったヒクラゲの生態について卒論を含めたこの3年間の調査でほぼ解明することができました

発表後の質疑も危なげなく答えていましたね


二番手はおぎえもん

タイトルは『ヒラメ着底稚魚の生態と餌料環境:若狭湾と瀬戸内海の比較』


餌料環境の違いがヒラメの成長速度に影響を与えることがはっきりとわかる結果でした

発表の姿勢も堂々たるもので素晴らしい発表となりました


さて修論発表会の大トリを務めたのはスズk...

くわえもんです


『日本海と瀬戸内海に流入する河川におけるスズキの初期生態比較』という題目で発表しました

潮汐差が汽水域の形成に影響を与え、それが汽水を生息域とするスズキの成長に影響することを

河口域の物理・生物環境からアプローチする面白い研究でした

データ量の多い結果もわかりやすく発表できていたと思います


3人ともこれまでの研究成果を出し切った素晴らしい発表だったと思います

本当にお疲れ様でした

さて次回は卒業論文発表会の様子をお伝えしますね

こんクラゲ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加