名古屋市名東区「赤帽タケフジ運送」のふみ箱

赤帽の車窓から見える光景

名古屋市名東区の赤帽運送はタケフジへご用命下さい
052-772-5880

「共謀罪」施行の日

2017年07月11日 | 世間のこと

本日11日は、かの「共謀罪」が施行される。

東本願寺の「同朋新聞」7月号に「共謀罪法案」に反対の表明が掲載されていました。掲載時点は同法が国会審議されている時ですので共謀罪法となっている。内容は・・・以下抜粋。

 

・・・計画が犯罪になるのかは捜査機関の判断によることから、恣意的な検挙が行われ、市民の思想や言論、表現の自由全般が損なわれる可能性は否めません。・・・市民どうしが相互に監視する社会をつくりだしてしまうことを危惧します。

宗祖親鸞聖人は、時の権力によって「専修念仏(せんじゅねんぶつ)」が罪とされたことにより、同行たちが斬首され、聖人自身も流罪となった承元の法難を経験されました。権力側が欲する秩序を護るために個を抹殺しても厭わない当時、宗祖は「主上臣下、法に背き義に違し」との痛みをもった厳しい言葉を残しておられます・・・・以上書き抜き。

 「主上」(後鳥羽上皇と土御門天皇)、その臣下が法に背き、正義に反して、いかりと怨みを結んで弾圧をした・・・と激しく非難した。ご自身も越後への流罪となる。これは聖人の著書「教行信証」の後序に記載されている。

時の上皇・天皇にこれまで激烈の非難は日本史上でもめずらしい。

この「主上臣下・・」の一文は戦前には聖典から削除された時がある。これも悲しい教団の歴史です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホロを外して・・・チャッチ... | トップ | いやぁ~な疲れ・・・ »

コメントを投稿

世間のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL