名古屋市名東区「赤帽タケフジ運送」のふみ箱

赤帽の車窓から見える光景

名古屋市名東区の赤帽運送はタケフジへご用命下さい
052-772-5880

親鸞聖人 荼毘の地

2017年05月19日 | 仏法

 

 仕事はヒマですので、先々回の昔ネタです。

11日に京都へ行きました。その時に寄った東山の西・延仁寺。ここは親鸞聖人が荼毘に付されたところです・・・・

かって親鸞聖人は自分の死後遺体は 「賀茂川に流し、魚にあたうべし・・・」と言っていました。しかしこの地「鳥辺野」で遺弟らにより荼毘に付され、遺骨は同地北の大谷に納められた。
当時の葬送は風葬・鳥葬(野ざらし、鳥獣に喰わせる)などが多かったらしい。火葬は手間もかかる。川に流すのも一般ではなかったか。

聖人は若きころより飢饉・戦乱にて遺体が賀茂の川原に累々とあるのを見ている。自分も閉眼したら同様に、魚の餌になろうと思ったのでしょうか。延仁寺より眼下に京の町並みが眺望できます。中央右マンションの背後に東本願寺・御影堂の大屋根が見えました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自動車免許更新 | トップ | 赤帽総会・・・大当たり »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL