武田建築設計室の昨日今日明日

小規模設計事務所はメーカー・デベロッパー・大手設計事務所の協力事務所(下請け)でしか生き残れないのか?

ビルを守る設備

2016-10-14 13:31:49 | きょうの出来事


自動火災警報設備の受信盤です、大きな建物にはこの設備が装備されています。火災が発生すると建物のどこで火災が発生しているのかこの受信盤を見ると分かります、消防署へ通報する設備が付いている場合もあります。その他にも避難方向を記している誘導灯や消火器など安全の為の設備がたくさんあります、建物を利用する人や建物の近隣を守る設備が有って建物って利用されているんですね。
              
ジャンル:
アパート・賃貸・不動産
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浜松と磐田の現場・配筋検査 | トップ | わかる言葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。