霊界の門 ・見えないものの力

霊界や因縁から、現在の自分をみつめ、「見えないものの力」を味方にしましょう。

「死について語る会」第2回目の御案内です

2017年08月05日 | 心霊現象
矢継ぎ早に2回目のご案内をいたします。
今回も日曜日を選びました。それも3連休となるところを狙ってです。
東京から離れている方にとっては、出かけやすいかと。
しかし、そんな心配りは無用だと、むしろお叱りをうけるかもしれませんね。



   日  時   平成29年 9月17日(日) 午前10時~12時

   会 場    東京都練馬区区役所会議室  1905 室 (本庁舎 19階)

   会 費    無料です

   担当者    島田


今回も、事前にはお知らせ頂く必要はありません。


わたくしめ、設営係りといたしましては、自分の有給をありったけ使えばなんてことはありませんゆえ、会場を先に抑えて皆様にご連絡するというもの。
いずれ平日や夜の会合も考えております。
ただ、「あの世」はなぜかわたくしを急がせている気がしてなりません。
何を見たり、何を聞いたからという訳ではありませんが、私の気持ちの中に「焦り」があるといったら、あたっているでしょうね。
「これはいったい、どこから来ているんでしょうか?」と祈るのですが、答えは今のところありません。





今日は土曜日、8月5日です。
午前9時ころね、NHKの総合テレビでこんな番組をやっていましたねぇ。

最近この世はきな臭い。
核拡散も甚だしく、とどまることを知らない。
広島、長崎の1万倍とも言われている核爆弾は、世界中にある。
そのエネルギーは、地球を何度ぶち壊しても余りあるものとなった今、止めるどころか、一触即発の危険さえはらんで現在に至っている。
「世界の終末時計」というのがあるそうな。
それをみると一回りのあと数分で目盛が合わさってくる。(終末を表す12時に)
そうだ、今その時計は「あと2分半」を示して止まっている。
いや、止まってはいない。目に見えない動きで「終末」の目盛に向けて「時」を刻み続けている。
現在約11時57分30秒。ご丁寧に12時丁度のところには「ドクロ」の絵が貼ってあった。

という内容である。


北朝鮮とアメリカ。
そして、それぞれの国を代表する「役者」がようやくそろった。

「いつでも来い!」

どちらが先に打って出ても、勝敗はない。地球規模で滅亡が待っている。


しかし人はそれほどまでに愚かだろうか・・・。

と、ここまでくると、思い出すのは・・・。
先にご紹介したことがある「あの話」だ。


「この先、核戦争は起きるか」との問いに、氏答えて曰く。
「起きるかもしれないが、一回目で地球は駄目にはなるまい。が、北半球は当然人が住めなくなる。
よって、南半球へと人類の大移動がおきる。
その次に何が起こるか、どのように起こるかが分かれ道になる。

「第3次世界大戦における朝鮮半島の今後のゆくえ」のことである。

「神の預言者」とも「救い主」とも言われ、はたまた「悪鬼の頭」ともいわれた文氏の預言である。


死に急ぐわけではないが、こんな事でわたしの「焦り」があるわけではないと思いたい。
私の死期がせまっているのは、それはそれでいい。


以前から一つ気になっているのがある。
前に紹介した「シルバーバーチ」。
覚えておいでだろうか。
彼(としておく。実は霊団らしい)がね、こんなことを言う。
「霊界へどんどん人の霊が送られてくる。しかし最近は本当に何も知らない、無知と未熟な霊があまりにも多い。頼むから、すこし教育をしてから送ってくれないか」・・・だって。



さあさあ、皆さま。
設営係といたしましては、どんどん会合を重ねていくつもりでございます。
今年の12月までの予定は近々組む予定です。追ってお知らせいたしますので、ご都合をつけて足をお運びくださいませ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「死について語る会」第一回... | トップ | 「死について語る会」3回目の... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
質問 (よしだ)
2017-08-08 14:14:06
あなたは 文鮮明さんを 再臨のメシアと思っているのですか。思ってないのですか。
もし宜しければ 教えて下さい。

コメントを投稿

心霊現象」カテゴリの最新記事