田舎生活実践屋

釣りと農耕の自給自足生活を実践中。

梅雨まっさかりの農園は快適なサウナ(2017/6/30)

2017-06-30 18:39:56 | Weblog
午前中、苅田町の「男性の魚料理講座」の最終回に。
 小鯛3匹を捌いて最後は握り寿司。
 いままで、我流で鱗取り、エラ取り、内臓取りをしていたが、随分下手なやり方だったと分かりました。
 今後は、特に40センチ、50センチという大きな鯛やアコウが釣れた時今までのように、力づくで四苦八苦しなくてよさそう。
 握り寿司は、まだまだ年季をつまねば、本物の味は味わえない。
 今後に期待。

 午後は、妻と竹田農園に。
 昨晩は、激しい雷雨で、夕方一雨降るものの、3時間くらいは、雨が上がったままの予報で、家でくすぶるよりもと、車を走らせる。
 私は、なた豆、ヘチマの棚の補強で、近くの竹やぶに入って、小ぶりの竹を切り出し。
 小ぶりとはいえ、3メートルくらいの支柱にはなる。
 妻は、後半戦にはいった、インゲン豆をザルいっぱいに取り入れ。

 フルーツトマトもボチボチ収量が増え、アスパラカスも少々。

 ウリミバエに食われて、風前のともしび状態だったカボチャもすっかり元気で、竹の棚を登り始めた。

 サツマイモも、連日の雨でしっかり根づいて、葉も元気。

 ヤーコンは、伸び伸び成長。
 フルーツトマト、病気にもかからず、スクスク成長。


 2時間程すると、高い湿気に、30度近い温度、塩入の水がぶ飲みで、汗が噴き出て、服は汗びっしょり。
 帰る前に、シャツ、上着を着替えると、さっぱりして、サウナに入った後の爽快感。

 帰宅しての一風呂、極楽極楽というところ。

 楽しい一日でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なた豆の支柱作り(2017/6/27) | トップ | 関門で鯛、アコウ狙いの釣り(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL