竹田ゆかりのブログ

竹田ゆかりの活動記録
教育問題や時事問題に関する思いなど 

法律は無理を強いない。JR東海認知症事故。

2016-10-10 23:59:10 | 日記
法律は無理を強いない。JR東海認知症事故

10月8日、公益財団法人「市川房枝記念会女性と政治センター」主催による講座、
「家族の法的責任―JR東海認知症事故最高裁判決について考える」(講師:住田裕子)を聞いた。

2007年12月7日東海道本線共和駅で、認知症の男性(当時91才)が線路に立ち入り、列車にはねられる事故が起きた。
その結果、列車運行に支障が生じたことにより、振替輸送費等の損害賠償が発生し、損害賠償を請求する訴訟が提起された。
損害賠償720万円は、男性の妻(当時85才)と長男に請求された。

一審・二審がくつがえり、今年3月1日、最高裁判決は、JR東海の請求を棄却。妻・長男の損害賠償支払いの義務なし、と結論付けた。

判決理由は、「妻は、85才。要介護1であり、長男の補助を受けて介護をしていた。夫の加害行為を防止することは可能ではなかった」
また、「長男は、同居しておらず接触も少ないため、法定の監督義務者といえない」との判断だった。

今回の判決は、「現実に具体的に、加害防止のために監督ができるかどうか」という視点から判断するという画期的な判断だった。

最高裁判決の心は…。
「法律は無理を強いない。実情に沿った現実的な解釈をすべきである。」ということだ…と住田氏。

高齢化社会が進む中、「認知症高齢者が第三者に損害を与えた場合に、誰が責任を負うべきか」という判断は、
具体的に今後ふえてくると予想される。

高齢者が“住み慣れた地域”で介護や医療、生活支援サポートを受けられるよう…と、
国は包括ケアシステムの整備を市町村に求めますが…。

日々介護に携わっている人が、健康な人だったら、損害賠償が発生するということか。
訪問介護に携わっている人の場合はどうなるのか。
介護施設の責任者の場合は。

残された課題をどう解決していくのか…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意見書提案・討論 | トップ | 鎌倉市議会 ここが問題!その① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。