グッドラック Takecy of Johnny’s

大島優子ちゃん大好きなタケスィブログでつ( ̄ω ̄)ムフ~

IoTで空きを即確認 出来るようになるとWCは、もう待たないでいいでつなぁ~

2017-07-14 07:10:19 | 日常
朝の通勤時間で、よく急におなかが痛くなりトイレに駆け込んだら空きがない――。
こんな“トイレ難民”にとって、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術が救世主になるでつなぁ~

スマートフォン(スマホ)などを使って駅やオフィスの個室トイレの空き状況を知ることできるサービスが相次ぎ登場。
利用できるのはまだ一部の施設に限られてるけど、今後は公共施設やレジャー施設などにも導入が広がっていきそう。

新宿駅のトイレ、アプリで空き確認できるみたい…

小田急電鉄は6月7日、小田急線新宿駅の一部の個室トイレの空き状況をリアルタイムで確認できるスマホアプリの提供を始めたでつ。

採用したのはKDDIのIoT技術。
マグネットセンサーでドアの開閉を検知して空いているかどうかをつかみ、携帯網の高速サービス「LTE」で情報を送るでつ。

駅のトイレの空きを調べられるサービスは珍しく話題を集め、アプリのダウンロード数は約1カ月間で3万5千に達したでつ。

対象となるトイレは西口地下改札外トイレと南口改札横トイレの2カ所。
それぞれ男性が3部屋、女性が5部屋あり、空いていれば「空」、そうでなければ「満」と表示。
具体的に何部屋空いているかまでは分からないが、短文投稿サイト「ツイッター」上では「欲しかったー!!」「地味にすばらしいよね」など歓迎するツイートが多いでつなぁ~

伊藤忠系は“おなか弱い”社員が発案したでつなぁ~

伊藤忠テクノソリューションズは昨年秋、オフィスの個室トイレの空き状況を確認できるサービスを開発したと発表。
センサーを使用してドアの開閉状態を判断し、パソコンやスマホなどから専用サイトにアクセスして空き状況を調べられるでつ。
勤務するフロアのトイレが空いていなければ、別のフロアに行くなどの対応が可能。

昨年に三井不動産と共同で霞が関ビル(東京・千代田)で実証実験を実施。
現在は5カ所のオフィスビルでサービスが稼働。

もともと男性社員の比率が高く、男性用トイレが混みがち。
そんな状況に“おなかが弱い”社員が困り、自ら企画を立ち上げて開発を始めたでつ。
「オフィス向けの機能を拡張し、公共施設やレジャー施設での導入も視野に入れたい」と…

こうしたサービスは業務効率の改善にもつながりそう。
同様のシステムを開発して自社オフィスのトイレ42室に導入しているSCSKの広報担当者は「何度もトイレに足を運んだり、近くで空くのを待ったりする時間を
削減できるようになった」と話されてるでつ。

一人ひとりでは小さくても、社員全員の無駄が省けることの効果はあなどれないでつ。
関心を示す企業は多く、SCSKは現在5~6社にサービスの導入を提案。

トイレは社員が休憩目的で個室にこもるケースもあるでつ。
本来の用途とは異なる目的での利用が増えると、トイレの混雑に拍車がかかってしまうでつ。
空き状況が分かれば、警備員らが滞在時間が長いトイレのドアをノックして様子をうかがうなどの対応ができるようになるでつ。
防犯対策にも生かすことができ、「IoTトイレ」が持つ可能性は大きいでつ。

このサービスはありがたいでつなぁ~
特に東京や大阪駅とかは完璧満員だからなぁ~

ただ検索してる間に…ということもあるかもでつなぁ~




人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全国ネットでやってほしい潔... | トップ | 夜の千葉ビール園♪いいでつな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。