チャオプラヤ河岸の25時

ビジネスマンの日記帳

真夏の女達

2017-07-27 21:04:40 | インポート
 
 与党も野党もメルトダウンが進む。謝蓮舫が民進党代表を退き、稲田防衛大臣も明日辞職することが決まった。なぜこんなに時間がかかるのか、そんな感想が国民の一般的なものだろう。女性活躍も結構だが政治のリーダとしての資質に根本的に欠けていた。国を危うくしてまで機会を与え続けるなど出来るわけがない。
 蓮舫はその著書で信じ難い無知ぶりを晒していた。曰く、「中国の国軍である人民解放軍は」の行である。余程の素人でも人民解放軍は国民の為の軍ではなく、中国共産党を守る為の私兵組織であることを知っている。中国に国民を守る国軍などは存在していない。東アジアの政治を語る上では基礎中の基礎の認識だ。高校生レベルの知識もないまま野党第一党の党首に収まる、と云うのでは余りに自覚がなさすぎる。
 稲田防衛相の知見も呆れるばかりのものだった。「自衛隊としてもお願いしたい」との選挙演説、自衛艦視察にピンハイヒールにスカートで出かける、という神経。国防の責任者と云うより、亡国の馬鹿女という評価が定まっていた。これでは命がけの任務に就く一線の自衛官は堪らない。女性活躍社会の喧伝に乗っただけの、寒気がするような身の程知らずの女達の時代、それが終わる。まだまだ奇怪な女性議員は多いが、次の選挙では多くが議席を失うはず。まだまだ日本にサッチャーが産まれるには時間が掛かる。女たちの時代、そんな言葉が社会的に受け入れられてしまったのは男たちの姿勢や視野に問題があったからだ。「浅知恵なのだから出過ぎるな」、そんな自信満々の男たちの不在こそ問題なのだろう。
 それにしても安部が稲田を庇い続けた理由と云うのは一体何なのだろう?訳が分からない。人を判断する不明を恥じ、さっさと更迭していれば傷は浅くて済んだはず。決定的な無能があからさまになって以降の時間は如何にも優柔不断だった。昭恵夫人を含めた亡国の婦人たちに対する甘さが国益を害するに至った。どこに違法性があるのかさっぱり不明な学園もの国会の間、東アジアの情勢もメルトダウンが進んでいた。半島も中国も余談を許さない変化が起きている。肝要な外交・安保の再調整が全く議論されないまま、事態は危険な方向にと歩を進めてしまった。次の国難は目の前に迫っているのに。
 梅雨も明け、日本は連日の猛暑に見舞われている。暑苦しいばかりの毎日、瓦解すべきものは早く瓦解したほうが良い。蓮舫、稲田、の退陣で少しは真夏のストレスも軽減する。多少は良いことがないと夏は乗り切れない。




                                                      川口
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮舫の欺瞞 | トップ | インド回廊 »

コメントを投稿

インポート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。