森とまちをつなぐ「半農半X」日記

過密な「まち」から過疎の村に不時着し、そのまま住み込んでしまった、たそがれ武兵衛と好女・皇女!?和宮様とのあたふた日記

友あり時空を越えて

2017-08-13 21:50:57 | 出会い・近隣
 20年近く会っていなかった友がやってきた。
 偶然にも自然に優しい有機農法につながる資材を扱った会社を経営しているという。
 会っていない間にお互いが同じような方向を歩いてきたのがわかった。
 
 彼の持ってきたお酒は下戸のオイラでも名前を知っている「獺祭(ダッサイ)」だった。
 山口県の山奥にある蔵元の旭酒造は、普通酒を作らないで「純米大吟醸酒」しか作っていない。
 「獺」とはカワウソのことらしい。
 蔵元がある地名から採用したとのことだが、正岡子規の俳号が「獺祭書屋主人」だという。

 「磨き二割三分」とは、お米の77%を削り雑味を除去した超高級酒。
 この180mlの小さな1本で一升のうまい酒を買える。
 また売り上げの一部を東北や熊本の大地震の支援にも使われているという社会貢献の視点も素晴らしい。

 彼は有機米で作るこの酒米にもかかわっているという。
 久しぶりに熱い怪気炎を浴びせていただいた。
 寝る前にぐいといただいたが、門外漢のオイラでも飲みやすいさすがの味だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 投げ込み活け花をやってみる | トップ | 自然に優しい有機資材 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あすか)
2017-08-16 00:05:23
獺祭ってお酒は知ってたけど
名前の由来だとか
被災地の支援をしている事
知らなかったわぁ...。
私もお酒は弱いけど
今度、飲んでみよう!!
ダサくないね (武兵衛)
2017-08-16 21:32:18
 小さくてもポリシーをしっかり貫く姿勢が蔵元の心意気。
 ダサい東芝よ、この魂に見習えよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

出会い・近隣」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。