森とまちをつなぐ「半農半X」日記

過密な「まち」から過疎の村に不時着し、そのまま住み込んでしまった、たそがれ武兵衛と好女・皇女!?和宮様とのあたふた日記

「さくらコンサート」今年も100人超えそう

2017-03-15 19:58:31 | 市民活動・まち育て
 春と秋に開催している尾上さんの庭でのコンサートはまちからのリピーターが多い。
 桜を借景とした舞台の庭には春の花がどんどん開花していく。
 しかも、演奏者の音の世界と空・大地とがマッチして参加者の心を洗う。

                              
 好評の春野産のお弁当にはこれでもかという季節の総菜・炊き込みご飯・アマゴの甘露煮等が競演する。
 さらには、お茶農家選りすぐりのお土産付きで、採りたて野菜や加工品の直売所も開設される。
 すでに申込みが今まで以上にあるので、許容量ギリギリをどうするかでスタッフは嬉しく悩む。

                                    
 過疎地にもかかわらず、毎回スタッフを入れて150人前後が集う。
 コンスタントにこれだけ集客力のある手づくりイベントは中山間地としては稀有な現象だ。
 地元の活性化を願う尾上さんの意思にもかかわらず、地元・行政を含め意外にそのことの意味が伝わっていない。

 当日は30人近くのボランティアが「あ・うん」の呼吸で穏やかにかかわる。
 ここから新しい芽がじわじわと広がっているのは確かだ。
 庭にはプリムラ(サクラソウ園芸種)の可憐な花や早咲きのサクラがさっそく迎えてくれていた。   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チョコレートはmeiji? | トップ | 比較して違いがわかるマンホ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市民活動・まち育て」カテゴリの最新記事