森とまちをつなぐ「半農半X」日記

過密な「まち」から過疎の村に不時着し、そのまま住み込んでしまった、たそがれ武兵衛と好女・皇女!?和宮様とのあたふた日記

秋の里山コンサート準備完了!!

2013-11-08 21:13:37 | 市民活動・まち育て
 雨が心配された明日の里山コンサートの準備が着々と進んでいる。
 重機を使いながら重い一枚板の机・イスが設置される。
 地域の重鎮尾上邸の庭で恒例のコンサートが、「応援団」の手慣れた作業によって準備されている。

                         
     
 「マダケの皮」はおにぎりを包むもの。
 「ハラン」の葉は、おやつの和菓子の皿になる。
 「クマザサ」は、ヤマメの甘露煮の皿になる。
 その材料の全てが地元で採集される。
 作業としてはそれをきれいに拭いていくことにある。

                   
 地元特産品の売店用のテント2張が用意される。
 少ない「高齢」スタッフおじさんたちがハーハー言いながら肉体を鞭打つ。
 団塊世代前後のおじさんたちらはやっぱりエライ。

       
                         
 むかし娘だった人らも調理部門でコツコツ明日の仕込みに励んでいる。
 木目の素敵な杉板はお盆代わりのお皿で、それもきれいにしている。
 「お・も・て・な・し」は、人の手がけっこうかかるものだ。

                
 舞台は、集めてきた紅葉の枯葉を撒いていく。
 背景の紅葉がいまひとつだが、青空とのコントラストが映える。

 過疎地での自前のコンサートに100人を越える人が明日参集する。
 
 
     
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地滑り工事はロボットがやる?? | トップ | 過疎の里山にフォルクローレ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですね。 (ezofukurou588)
2013-11-09 14:46:41
「お・も・て・な・し」には人手がかかります。

みなさん、黙々とこなしておられるようで、
里山コンサートの成功、疑いなしです。
空にも人にも恵まれました (武兵衛)
2013-11-09 22:20:13
 天候によりいっときは中止の判断がありましたが、やりきってハッピーでした。
 スタッフ不足などの諸課題は山積していますが、小さな一歩をよしとすることにしました。
 常連さんが多くなってきたのが救いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。