森とまちをつなぐ「半農半X」日記

過密な「まち」から過疎の村に不時着し、そのまま住み込んでしまった、たそがれ武兵衛と好女・皇女!?和宮様とのあたふた日記

またもや下見だった

2016-09-15 22:27:44 | 春野山の村
 校外授業の一環として小学生が来ていた「春野山の村」。
 今週の日曜日に実施される「森林散策会」の会場となる「山の村」にまたもや下見をする。
 今月だけで3回連続の散策会となる。
 ポツリと咲いていた「ハダカホウズキ」(ナス科)。

                        
 しばらく歩くと赤い実がなっているハダカホウズキを発見。
 花と実の双方を見られたのははじめてだった。
 いわゆるホウズキの実は、大きなガクで包まれているが、これは裸のままなのでついた名前だ。
 似ているものに、「イヌホウズキ」「アメリカホウズキ」があっていつも混乱させられていた。

   
                            
 森の日陰の中に、黄色の「ナギナタダケ」(シロソウメンタケ科)を偶然発見。
 ネーミングになるほどとその想像力に感心する。
 さらにそのそばになんと、緋色の「ベニナギナタタケ」もあった。
 これは食べられるそうだが、猛毒のカエンタケに似ているので食欲はわかない。

                              
 群生は見られなかったが、ところどころで小さな「ハナホウキタケ」を確認。
 珊瑚のような薄いピンクが魅力的だ。

 
 
 はじめはチチタケだと思っていたが、形が漏斗状で中心部が柄の基部まで窪んでいたのがわかった。
 食べると消火器系に中毒症を起こす「ウスタケ」(ラッパタケ科)だったが、そのウスは「臼」だった。
 傘の色が濃い色・薄い色があるらしい。

                              
 村内によく見られるのが、「シロハツ」に違いない。
 裏の襞の根元が緑色になっているのが特徴らしい。
 老菌も多くてそれを確認するのが難しい。

 台風の影響で明日以降も雨が降るようだが、きのこにとってはチャンスでもあり、散策会もそれにシフトした内容を考えている。
 
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 綿入れ半纏が完成 | トップ | マラカスができたよ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

春野山の村」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。