森とまちをつなぐ「半農半X」日記

過密な「まち」から過疎の村に不時着し、そのまま住み込んでしまった、たそがれ武兵衛と好女・皇女!?和宮様とのあたふた日記

ヘビトンボがやってきた

2017-08-10 20:39:03 | 生き物
 和宮様が家の中でまた昆虫を発見した。
 5cm近くもある大きな「ヘビトンボ」だった。
 おそらく家の灯火をめがけてやってきたのだろうが、すでに死んでいた。

                        
 「ヘビトンボ」は、幼虫も成虫も顎が強くてその獰猛な食べっぷりが蛇に似ているところからネーミングされたという。
 近くに河原があるので幼虫は水生昆虫として生きてきたわけだが、幼虫は清流の指標生物にもなっている。

     
 幼虫も成虫も不用意に捕まえようとするとムカデ並みに噛みつかれるので注意が必要だ。
 先日はカワゲラやカゲロウの仲間もやってきたので、きれいな川がある中山間地の魅力を再認識する。
 はじめは異様な昆虫と思ったヘビトンボだが、マントを羽織ったおしゃれな昆虫に見えてきた。

                         
 きょうの朝、玄関前に「アカタテハ」が翅を広げたまま死んでいた。
 翅の一部が破損していたが、台風の風雨にやられたせいなのだろうかと推測してみる。
 その近くに仲間なのだろうかアカタテハがやってきたが、生きているアカタテハは模様のカラーが鮮やかだ。
 連続の二体の死はお盆だからなのだろうか。
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吊るし雛みたいな植物 | トップ | 犯人に告ぐ!年寄りの生きが... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当に👼 (雀(から) )
2017-08-11 03:17:33
仏様の思し召しかも知れませんね?✨
お盆 (武兵衛)
2017-08-12 09:38:42
なるほどね。
生と死との循環。人間も同じなんだね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生き物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。