森とまちをつなぐ「半農半X」日記

過密な「まち」から過疎の村に不時着し、そのまま住み込んでしまった、たそがれ武兵衛と好女・皇女!?和宮様とのあたふた日記

蒼い画布 飛行機雲が 画家になる

2016-12-07 21:21:54 | 風景
 紺碧な空に白いラインが次々描かれた一昨日の飛行機雲。
 案の定、翌日は雨だった。

                         
 上空が乾燥していれば雲が蒸発して消失するが、湿っているとしばらく雲は残る。
 いくつもの飛行機雲が消えないで残ったまま流れていた。
 ラインの幅がだんだんと広がっていき、飛行機雲であったことがわからなくなる。

  
 空の高さが6000m以上でないと雲にならないらしい。
 そんな高さで飛行していることに感心する。

                               
 宮崎駿の最終というアニメ「風立ちぬ」のテーマソングが荒井由実の「飛行機雲」。
 友だちの死をきっかけに作詞したという。
 映画の余韻がユーミンのメロディとともに胸に残っていった「飛行機雲」。

                            
 空の先に見えた飛行機雲を見ただけでも心を動かされる。
 ふつう雲は自然のなせる業だ。
 しかし飛行機雲は人間の便利さの最先端の結果にできたアールデコ風の雲だ。
 
 大地にへばりつきながらときに空を見る。
 飛行雲の行き先はどこなのだろうか。
 生きる羅針盤と同じ方向なのだろうか。
        
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅葉と赤い実探し | トップ | もし「しも」が来ても大丈夫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。