森とまちをつなぐ「半農半X」日記

過密な「まち」から過疎の村に不時着し、そのまま住み込んでしまった、たそがれ武兵衛と好女・皇女!?和宮様とのあたふた日記

謎の木を育てている

2017-04-25 21:40:32 | 植物
 4・5年前だろうか、小さな苗をいただいたが、それが野菜なのか木本なのかわからないまま、ともかくなんとか育ててきた。
 数年前にそれは木本らしいと分かって畑から引き揚げたが、最近花をやっと着けてきた。
 バラ科らしい感じになってきて、それはリンゴの仲間の「ズミ」ではないかと見当をつけはじめる。
 さて、時間がかかってしまったが、開花が楽しみになってきた。
 なんとものんきな時間なのだ。

   
                                   
 畑の隣で八重桜の「松月」が三分咲きとなった。
 ほんのりした控えめなピンク色が気に入ってる。
 連休中に満開となる作戦らしい。

      
 チラホラだが畑の片隅で「カントウタンポポ」の家族がぽつりと咲いていた。
 西洋タンポポでないのが喝采ものだ。
 つい「頑張れよ」とエールを送る。

                                     
 今の季節、山に囲まれた国道では「ヤマブキ」の黄色が見事だ。
 和宮様は「一重のヤマブキがこんなに見事なのをここへきて初めてわかった」ともらす。
 わが家の玄関近くでは八重のヤマブキが咲きだしてきた。

 買ってきたセニョールブロッコリーの苗を畑に移植する。
 モンシロチョウが偵察に来ているので植えてから防虫網をかぶせる。
 種まきした大根・ニンジン・春菊の芽が出てきたが、ほかはどうも反応がない。
 苗を育てるのがいまだ習得できていない。                         
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりの焚き火だ | トップ | ジョウカイボンとは清盛の法... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

植物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。