森とまちをつなぐ「半農半X」日記

過密な「まち」から過疎の村に不時着し、そのまま住み込んでしまった、たそがれ武兵衛と好女・皇女!?和宮様とのあたふた日記

おぼろ月ではなく「おぼろ太陽」?「春霞」?

2017-04-03 20:58:55 | 風景
 朝起きて外を見たら、いつもの山が消えていた。
 ときどきこういう現象がみられる。
 太陽は「おぼろ太陽」?になっていた。

                               
 10時頃にはあっという間に快晴となる。
 季節の変わり目は天も戸惑っているのかもしれない。
 「朧」(オボロ)とは、夜の霧を言うらしい。

     
 「春霞」という言葉があるが、「霞」は学術用語でも気象用語でもなく文学的用語なので、天気予報では使われない。
 春の朝方や昼に起きることから春の季語になっている。
 したがって、きょうの様子はまさに「春霞」だ。
 消えた山がだんだん見えてきた。

                                
 「霧」と「靄」は気象用語で、「霧」は視界が1km未満、「靄」は視界が1km以上。 
 ちなみに、「霧」は秋に多く、秋の季語になってる。
 したがって、きょうの様子は厳密にいえば、「靄」と言えそうだ。

        
 ついでに、「雲」は大気中に浮遊する水蒸気が地面に接していない。
 「霧」はそれが地面に接している。
これらの区別はけっこう混乱していた。
 日々の日常性とは、曖昧な暮しのうえに成り立っている。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天にはカラフル「アオバト」... | トップ | ここでも春を待っていた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

風景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。