森とまちをつなぐ「半農半X」日記

過密な「まち」から過疎の村に不時着し、そのまま住み込んでしまった、たそがれ武兵衛と好女・皇女!?和宮様とのあたふた日記

里山の期待通りの植物群落だった

2016-10-16 20:06:02 | 植物
 天竜区熊の道の駅を拠点とする森林散策会に参加する。
 稲刈りが終わり稲の天日干しや棚田の見事な風景を見ながら里山を歩く。
 道沿いに「ホトトギス」の群落が次々迎えてくれる。
 オシベにも紫の斑点がある。

                         
 林縁の暗い所には「イヌヤマハッカ」と思われる青紫色のシソ科植物の群落にたびたび出会う。
 ハッカ特有の臭いはしないので「イヌ」がついたのだろうか。
 花はアキチョウジほどの長細い花ではなかった。

        
 「ツリガネニンジン」の群落をこれほど見たことはない。
 それくらい地域に残っていること自体奇跡だ。
 山菜として食べてしまうこともなくなってきたのも幸いしたのかもしれない。

                          
 所々で見られたのがゴマノハグサ科の「コシオガマ」。
 近くの植物に寄生する植物だそうだ。
 高山植物だと思っていたがここでは普通に見られる。

                           
 高山植物と言えば、「ウメバチソウ」(ニシキギ科)もここで見られる。
 むかし、1000m級のキャンプ場で初めて見たことを想いだした。
 凛として自立している姿が素敵だ。

    
 多くの人は気が付かなかったようだが、「ナンバンキセル」(ハマウツボ科)を発見。
 近くにススキがなかったがきっと根っこが埋まっていたのかもしれない。
 典型的な寄生植物だ。

 天竜区の奥庭に桃源郷のように隔離された里山。
 残しておきたいもう一つの日本だ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「宇宙いも」を食べてしまった | トップ | 里山の道は不動尊への道だった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。