森とまちをつなぐ「半農半X」日記

過密な「まち」から過疎の村に不時着し、そのまま住み込んでしまった、たそがれ武兵衛と好女・皇女!?和宮様とのあたふた日記

中日新聞が健闘した元日号

2017-01-04 19:07:42 | 意見・所感
 元旦に各新聞を読むのが恒例だったので、ムラに1軒しかないコンビニに20分かけて買いに行く。
 しかしみんな売り切れてしまったので、引き返すわけにいかず山を越えてマチに行くことにする。
 ところが、途中で新聞販売所が開いていたので駆け込んでみたら、毎日・読売・産経・中日・静岡の五紙を一気に入手できた。
 新聞をとっていないので久しぶりの活字と臭いが飛び込んでくる。

                               
  各紙の1面の記事は次の通りだった。
 毎日/「多文化主義の危機・トランプと世界」~白人優越タブーを正当化の懸念
 読売/「中国海底に命名攻勢・日本のEEZ周辺」~海上だけでなく海底も権益拡大
 産経/「小池知事都議選に30人超・自民に刺客新党準備」~平成の即位礼から宮内庁の壁と闘う新天皇
 中日/「GYOUZA・浜松から世界へ」~餃子製造機械や店が世界に加速
 静岡/「東海地震想定見直し提言・大震法、国方針公表4カ月前」~議事録記載なしをスクープ
  1面トップ記事がこれほど違うのも珍しい。

                                
 「混沌の時代に、私たちの確かな羅針盤を持ちたい」と「軸足を定める」重要性を提起したのは一面の「毎日新聞」。
 動乱・不寛容・排外的な絶望が蔓延する世界に対し、「自由や寛容の精神を高く掲げ、外の世界と共生する道を歩」み、「世界の良き未来像を提示すること」と「希望を持って前へ」と熱っぽく訴えているのが印象的だ。
 社説より説得力があった。
 安倍首相の年頭所感を全文載せたのはやはり「産経新聞」だったが、一面掲載の論説委員長の「自ら針路を切り開く」という論調は首肯できる。

    
 「中日新聞」は、憲法9条の戦争放棄・戦力不保持の精神を盛り込んだ「地球憲章」実現のムーブメントがあることを掲載している。
 社説では、「不戦を誇る国であれ」として、「国は過ちを犯すことがある」ので、「国民には冷静な目と分析がつねに必要だ」と強調する。
 そのために、ノルウェイの「オスロ国際平和研究所」のように武力によらない平和実現、「世界に貢献する日本の平和主義」を掲げる。
 格調高さと提言にあふれた社説は五紙の中では群を抜く。 

                                     
 いつもヒステリックな論調だった「読売新聞」の社説の今年は穏やかだった。
 相変わらず長い社説だが内容の大半を世界情勢に費やし、肝心の国民への提起や決意が腰砕け。

 「静岡新聞」は、「絶望のなかにも希望はある」と昨年101歳で亡くなったジャーナリスト「むのたけじ」の言葉を引用して、「冷静に事の理非を判断する態度」が肝要で、「理性を働かせて半歩でも前に進みたい」と次代に訴える。

 一面に掲載されていたエッセイ「大自在」はボブ・ディランのわが子への願いを歌詞にした「フォーエバー・ヤング」を紹介。
「他人のために生き、他人からも恩恵を受けられますように」、「正義を愛し、正直に生きる子に育って」と引用するとともに、その精神を絵本にしたのが日本在住の詩人アーサー・ビナードの「はじまりの日」。
 世界的な混沌の時代、ディランの「無垢な魂への祈り」の歌が響きますようにと結んでいるのが美しい。
 
          
 
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« からだに優しい粉末の甘酒を発見 | トップ | 床下換気口をつける »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。