森とまちをつなぐ「半農半X」日記

過密な「まち」から過疎の村に不時着し、そのまま住み込んでしまった、たそがれ武兵衛と好女・皇女!?和宮様とのあたふた日記

小さな農協の大きな快挙

2017-04-23 09:45:56 | 意見・所感
 羽咋市(ハクイ)の農協が無農薬・無肥料を重視する「自然栽培」を重視する事業を展開したというニュースをみた。
 採算が合うのか心配したが、それを「売り」にしていく戦略だ。
 それは日本の零細な農業を救っていく希望だ。

                            
 やっとだ。
 農協の硬直した保守性や農薬売り込みに疑いを持たない思考停止にたびたびうんざりしていたので、これは快挙だ。
 農協の抜本的な改革につながる一つの手がかりだ。

          
 自民党の農協改革に野党は説得力ある対案を出せないでいるが、「連合」も硬直した労働組合を自浄できるだろうか。
 右も左も大きな組織になると時間とともに退廃していく。
 それを変えていくのは小さなチカラからだ。
 
                                  
 それは自らを客観化し内面を観照する作業を常に怠らないことだ。
 羽咋市農協の勇気が永続していくことを祈るばかりだ。
 それはオイラの日々を勇気づけることにつながる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドウダンツツジを植え込む | トップ | 久しぶりの焚き火だ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当に(^^)v (雀(から))
2017-04-23 11:44:01
快挙ですね♪(*´-`)
新しい農協がmebukuことを祈ります🙏
小さなところから (武兵衛)
2017-04-24 23:40:10
 農協を変えることはかなり困難だけれど、こうした勇気ある一歩がとても大切。
 停滞した日本に極小の風穴を。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。