森とまちをつなぐ「半農半X」日記

過密な「まち」から過疎の村に不時着し、そのまま住み込んでしまった、たそがれ武兵衛と好女・皇女!?和宮様とのあたふた日記

ここでも春を待っていた

2017-04-04 19:23:12 | 植物
 上段の畑の際にツクシが出ていた。
 以前、スギナが畝に出ていたがこのところ荒耕しているのでとなりに避難したらしい。
 今まではツクシは出ていなかったが久しぶりだ。
 いっぱい出ていたらもちろんオイラの胃袋に投入される運命だがね。

                             
                               
 定番のフキノトウは畑ではなくて道草山の斜面に咲いていた。
 これは5年前くらいに畑から移植していたものだ。
 移植した当時はなかなか定着しなかったがやっと落ち着いたようだ。

   
                          
 茶畑は褐色の葉が目立っていたが、先日茶刈機でシンちゃんが家族で刈ってから緑が目立つ茶園になった。
 来月には新芽を収穫するようになる。
 近所の茶園は高齢化と価格の低迷でどんどん潰されている現実がある。

           
 やっとカンヒザクラがほぼ満開となる。
 悪戦苦闘している小さな河津桜も畑の隣でなんとか開花し始めた。

 生きとし生けるものはじーっと春を待ちに待っていた。

 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おぼろ月ではなく「おぼろ太... | トップ | スナップエンドウをついに植... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

植物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。