森とまちをつなぐ「半農半X」日記

過密な「まち」から過疎の村に不時着し、そのまま住み込んでしまった、たそがれ武兵衛と好女・皇女!?和宮様とのあたふた日記

自ら山菜を採り、食らう愉楽

2017-04-19 19:09:35 | 食彩・山菜・きのこ
 いよいよ山菜の季節に突入。
 裏の畑で「コゴミ」を収穫する。
 すぐに湯がいて醤油マヨネーズをかけてシンプルに食べる。
 シャキシャキの粘りがたまらない。

                            
 知り合いの山で「ヤマウド」を採らせてもらう。
 瓦礫の多い場所にあるヤマウドだったので柔らかく白い茎は期待できないが、暗紫色の根っこの苦みが旨い。
 市販のヤマウドよりこの苦みの強さが魅力だ。

       
 裏の畑や道草山では「ワラビ」がいっせいに天に向かう。
 ぽきぽきと収穫するのが小気味いい。
 焚き火でできた灰が役に立つ。

                               
 畑の隣では「タラノメ」が大きくなりすぎてしまっていた。
 収穫して天ぷらにする余裕がなかったのでそのままの状態だ。
 胃を切ったせいもあって天ぷらを食べ過ぎると下痢が始まるので自重しているせいもある。

 道草山にはすでに「シオデ」も出ているが今現在では量が足りない。
 しかしながら、夕飯は身近な所から収穫してオール山菜で食べる愉楽に感謝したい。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大雨に停電に春の氾濫 | トップ | 初めての巣箱づくり完成へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。